PCゲーム

ボードゲーム

新作ボードゲーム「この天才科学者が首席になれないとでもいうんですか?」遊び方やキャラクターなどの詳細が発表!|ゲーム情報サイト Gamer

本ボードゲームは、2020年11月14日(土)から11月15日(日)に東京ビッグサイトで開催される「ゲームマーケット2020秋」にて発売される。 新作ボードゲーム「この天才科学者が首席になれないとでもいうんですか?」の遊び方やキャラクターなどの詳細が発表されている。 遊び方の詳細を公開 本ボードゲームのジャンル名は、「法則創造×キャラクター育成ゲーム」です。プレイヤーは、光からエネルギーを生み出す「超光学」と呼ばれる科学を研究する学院の天才科学者となり、研究に打ち込み首席を目指します。研究の成果を上げることなどで獲得できる「VP(勝利点)」をほかのプレイヤーと競い合い、卒業までに最も多く「VP」を稼いだプレイヤーが首席となり勝利します。 透明なカードを重ねて「超光学レンズ」を作成 プレイヤーは主に「超光学レンズ」を作成することで、研究成果を上げていきます。「超光学レンズ」は使用すると、手持ちの素材を、別の素材や「VP」に変換し、獲得できる装置です。 「超光学レンズ」は、透明なカードを重ね合わせることで作成することができます。透明なカードは、上下に回転させることで組み合わせを変化させることができるため、カードを回転しながら様々な組み合わせを試し、強力な組み合わせ発見することが勝利へのカギとなります。 カードの見方:左側が消費する素材。右側が、獲得できる素材。この場合、紫色の「淀み」の素材3個+黄色い「光」素材1個を消費することで、赤い「VP」4個+虹色の「虹」の素材1個を獲得できる。 キャラクターの個性的な能力を活かし、育成する 本ボードゲームには

Read more

最新ニュース

最新レビュー