PCゲーム

ボードゲーム

ホロライブの二次創作ゲーム『HoloCure』人気すぎて一部機能停止。プレイヤー殺到でリーダーボード提供が無理に –

個人開発者のKay Yu氏は6月25日、ホロライブ二次創作ゲーム『HoloCure』のリーダーボード機能を一時停止すると発表した。同作は無料のファンメイド作品ながら、公開後から人気が爆発。開発者も予想外の多数ユーザーが集中したため、応急処置が必要となったようだ。 『HoloCure』は、itch.ioにて6月24日から無料配信中の見下ろし視点アクション。本作は『Vampire Survivors』や『Magic Survival』などの作品から影響を受けている。「倒されるとほぼ一からやり直し」「装備アイテムをランダムに選ぶ」など、ローグライク要素を盛り込んだゲームプレイも共通だ。プレイヤーは個性豊かなキャラクターたちを選択し、群れなす敵を倒してパワーアップを重ね、どんどん力をインフレさせていく。本作にはオンラインリーダーボード機能もあり、プレイヤーたちはネットを通じて自分たちのリザルトを共有。スコアを競い合える仕組みだ。日本語表示にも対応している。 そして、本作でプレイアブルキャラとして用意されているのは、ホロライブに所属するVTuberたちだ。ホロライブはカバー株式会社が運営し、動画投稿やライブ配信を中心に活動する女性VTuberグループ。その二次創作ゲームである『HoloCure』では、彼女らの個性を活かした武器や能力を生かして敵と戦えるわけだ。プレイアブルキャラは現在で11名おり、英語圏向けのHololiveENから登場。それぞれがピクセルグラフィックで丹念に描かれている。また、今後のアップデートでは国内ホロライブおよびインドネシア向けのHololiveIDの面々が登場する予定とのこと。かなり気合の入ったファンメイド作品なわけだ。 そして『HoloCure』は、開発者が想像した以上の人気となったようだ。Kay Yu氏は6月25日、自身のTwitterアカウントにて本作のリーダーボード機能停止を発表。その理由として「あまりにもプレイヤーが増えすぎたため」との旨を伝えている。同氏は、本作は遊ばれたとしても数千人程度だろうと考えていたそうだ。しかし、その予想は裏切られた。本作は24日のリリースからわずか24時間のあいだに、約5万ダウンロードを記録したというのだ。そしてオンラインスコアボードを通じて、実に20GB分相当のデータがダウンロードされたという。もはや二次創作フリーゲームの領域を超えたヒットである。 We anticipated

Read more

最新ニュース

最新レビュー