Bitsummit

Bitsummit

ユニット毎にマッチング方法が変化!奥深い楽しさを持つパズルRPG「セイクリッドブレイド」レビュー|ゲーム情報サイト Gamer

ユニット毎にマッチング方法が変化!奥深い楽しさを持つパズルRPG「セイクリッドブレイド」レビュー|ゲーム情報サイト Gamer

「セイクリッドブレイド」は、グラビティゲームアライズからリリースされたスマートフォン向けパズルRPG。パネルを指で繋いでマッチングするというマッチングパズルをベースに、RPGのゲーム性を融合させた作品だ。 こうしたパズルRPGは、2012年に「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」がリリースされて以降、大量に作品がリリースされ、1ジャンルを築いた。しかし、スマートフォンのスペックが上がった昨今、あまり見られなくなったタイプの作品だ。そんな状況でリリースされる以上、もちろん本作は、今プレイするに相応しい内容を備えている。その内容について本記事で紹介しよう。 「Dungeon Raid(ダンジョンレイド)」を大幅に進化させたパズルRPG パズルRPGといえば「パズドラ」。そんなイメージを持っている人がほとんどだろう。確かに「パズドラ」はパズルRPGの金字塔的作品。その上国民的ゲームといってもいい作品だが、パズルRPGの元祖というわけではない。「パズドラ」より先にリリースされていて、「パズドラ」開発者も参考にしたというゲームがある。「Dungeon Raid(ダンジョンレイド)」だ。 「Dungeon Raid」もパネルを指で繋いでマッチングするパズルRPG。ただ、「パズドラ」と違って敵もパネルとして登場する。敵パネルと剣パネルを繋いでマッチングすると、敵にダメージを与えられる…というルールだ。本作のゲームルールは、この「Dungeon Raid」をベースに大幅進化させたものになっている。 本作のゲームの流れは、ステージを選択し、バトルパートでクリア条件を達成すると次のステージへ進む…という構成になっている。クリア条件は概ね敵の全滅か、特定の敵を倒すこと。また、ストーリーもしっかり用意されており、ステージ開始前やクリア後に、会話シーンが挿入されることもある。 バトルパートに入ると、画面に「エレ」というスライムのようなキャラクターが並ぶ。この「エレ」がマッチングパズルにおけるパネルだ。同じ色の「エレ」を繋いでいくことでマッチングが行える。敵にダメージを与えたい場合、「Dungeon Raid」のように「エレ」と一緒に敵も繋げばOK。ただし、繋げる敵は「エレ」と同じ色のもののみだ。 これだけだと、「Dungeon Raid」から変化がないようだが、本作のルールは、これで終わりじゃない。マッチングの際、一定数以上繋ぐことでユニット毎のスキル攻撃がが発動するのだ。たとえばユニットが「ナイト」であれば、周囲1マスの範囲の敵へ同時攻撃が可能。なので、「エレ」と敵とを上手に繋ぎつつ、最終的にターゲットとなる敵の隣まで移動することができれば、効率的にダメージを与えられる。 スキル攻撃はユニットの職業ごとに異なっており、たとえば「ウィザード」であれば、周囲の6方向の直線状の敵を攻撃できる。自分のターンにどのユニットを操作するかは完全に自由。同じユニットを連続で動かすこともできるので、現在のターンで誰を動かすのが最も効果的か、常に判断に迫られるわけだ。 また、スキル攻撃の威力は、マッチングの数によって変化する。たとえば「ナイト」であれば「エレ」3匹を繋ぐと1チェインとなり、チェインが増えれば増えるほどスキル攻撃の回数がアップする。マッチングパズルでは、ただ大量に繋ぐだけでも達成感があって気持ちいいが、本作の場合、スキル攻撃の威力が目に見えてアップするので、爽快感が非常に強い。 さらに、マッチングに深みをもたらしているのが、アシストスキル。これは、ユニットが移動完了した際、ダメージを与えた敵の色と同じ色の味方ユニットが発動してくれるスキルだ。たとえば「パラディン」であれば、味方全体にデバフバリアをかけてくれるし、「ウィザード」であれば、画面内の敵全てを魔法攻撃してくれる。 ここまででも相当奥深いバトルが実現しているが、さらに本作をユニークなものにしているのが、ユニットによってマッチング方法まで異なるという点。たとえば「ナイト」や「パラディン」は、同じ色のユニットを一体ずつ、6方向に繋いでいく…というスタンダードなマッチング方法になっている。 一方「ウィザード」は、6方向にワープし、ワープ先で繋がっている「エレ」すべてを繋げたことになるという独特なマッチング方法。また、これが「ポポライダー」になると、別の色の「エレ」をジャンプして繋ぐことが可能。このため、「エレ」の配置にもよるが、「ウィザード」や「ポポライダー」を使うと、マッチング数が大幅にアップする。 どのユニットを使うか?どの「エレ」とどの敵を繋ぐか?移動完了時にどの敵を攻撃するか?アシスト攻撃はどうする?そもそもどのマッチング方法が最もマッチング数が大きくなる?…などなど、毎ターン毎ターン、考えることが非常に多く、悩ましい。だがこの悩ましさが楽しさに繋がっている!悩みつつ最善な手を探すのが楽しいし、ましてや自分の考えが上手く結果に結びつき、少ないターン数で敵を撃破した時の達成感たるやたまらないものがある。...

ゲームPC「GIGABYTE Aorus 17G」レビュー:排熱がネックで本気出せない? | ギズモード・ジャパン

ゲームPC「GIGABYTE Aorus 17G」レビュー:排熱がネックで本気出せない? | ギズモード・ジャパン

熱がなぁ。ヒートねぇ。熱いからなぁ。結局スペックに期待するパフォーマンスを出すには、排熱が大事だってことですよ。米GizmodoがGIGABYTE(ギガバイト)のゲームラップトップAuros 17Gをレビューしました。正直、いいところよりも残念ポイントが方がクリアになる結果です。ゲーム用ラップトップは、ここ数年より薄く・軽くなってきてます。とはいえ、そこはゲーム用。ラップトップとしては重いことに変わりなし。Max-Q登場で多少の変化は表れたものの、パフォーマンスは妥協したくない人も少なくないわけで。そんなゲーマーまたはクリエイターの目にとまるとしたら、Gigabyteの新製品Aorus 17Gかと。ただね、個人的にはいくつか気になる点が…。Gigabyte Aorus 17GPhoto: Joanna Nelius (Gizmodo)これは何?:インテル第10世代CPUとRTX Super GPUで一新したラップトップ。価格:2700ドル。(日本では30万7780円。 ディスプレイやGPUの差で安いグレードもあり)いいところ:良レスポンスで静かなキー、240Hzディスプレイ。残念なところ:キーボードのサイズ、ウェブカムの位置、もうひとがんばり欲しかったゲーム性能。気になりポイントにはおいおい触れるとして、まずは全体を。マット加工の表面にピカピカのAorusロゴデザインはかっこいい。ディスプレイはベゼルがたったの3ミリでゲーム端末としてはかなりの薄さ。ちなみに、重さは6ポンド(約2.7キロ)。箱から取り出しての第一印象は、洗練された美ラップトップで間違いなし。さらにスペックも良き。プロセッサはインテルのCore i7-10875H(8コア/16スレッド、ベースクロック2.3GHzで最大ブースト5.1GHz)、GPUはRTX 2070 Super、RAMが16GB DDR4-2933、SSDは512GB M.2。インテルがモバイルi7プロセッサに8コア搭載したのは初めて、かつRTX Super GPUを最初に採用したラップトップの1つという注目点も。Gigabyte Aorus 17Gは、インテル&Nvidiaの最新モバイルパーツを搭載した最初のラップトップの1つです。キーボードは良し悪しあり、電源やカメラの位置は「?」デザインもスペックも素晴らしいときたところで、気になること1つ目。ラップトップ開いてすぐ、キーボードがどうもね。キーがなんか四角過ぎる。小さすぎる。キー間の感覚が狭すぎる。限られたスペースに、フルサイズのキーボードを無理やり押し込んだ試作品がそのまま市場にでてしまったって感じ。ところが不思議なことに使い勝手はいい。メカニカルキーボードなので、触感&押した感はサイコー。その上、青軸系の似たタイプのデスクトップキーボードよりも静か。個人的には、タイプ音の好みから赤軸の方が好きだったんですが、Aorus...

ときのそら×ガッチマンコラボ Marpril初アルバム発表【週間VTuberニュースまとめ】 | Mogura VR

ときのそら×ガッチマンコラボ Marpril初アルバム発表【週間VTuberニュースまとめ】 | Mogura VR

「週間VTuberニュースまとめ」では、MoguLiveで掲載したVTuberニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VTuberの最新情報をギュッと縮めてお届けします。 目次 1.ときのそらとガッチマンがコラボ配信! 挑むのは“最怖”のゲーム?(5.20)2.【シスター・プリンセス】VTuber花穂の3Dビジュアル公開、デビュー日も決定(5.19)3.にじさんじ公式情報バラエティー番組が放送開始(5.21)4.八重沢なとり、リングフィットアドベンチャーで42.195km完走(5.18)5.Marpril初アルバム「city hop」とソロシングル2枚が同時リリース(5.18) ときのそらとガッチマンがコラボ配信! 挑むのは“最怖”のゲーム?(5.20) ホロライブ所属のVTuber(バーチャルユーチューバー)ときのそらさんと、VTuberとしての活動を開始したゲーム実況者のガッチマンさんが、5月20日(水)21:00と5月21日(木)21:00にホラーゲームのコラボ配信を行いました。 ときのそらさんといえば、ゲームの恐怖表現に耐性があり、コラボ相手を積極的にホラーゲームに誘うなど、ホラー好きなVTuberとして知られています。一方、ガッチマンさんはホラーゲーム実況歴11年の猛者で、メインチャンネルで配信したゲームの多くがホラージャンル。落ち着いたトークと解説を交えたプレイが人気を博しています。 ときのそらとガッチマンがコラボ配信! 挑むのは"最怖"のゲーム? | Mogura VR MoguraVR 【シスター・プリンセス】VTuber花穂の3Dビジュアル公開、デビュー日も決定(5.19) メディアミックスプロジェクト「シスター・プリンセス」より、新たにVTuber(バーチャルユーチューバー)としてのデビューが発表された「花穂」さんの3Dビジュアルが公開されました。花穂さんは「シスター・プリンセス」に登場するキャラクターのひとりで、努力家でお兄ちゃん思いの妹。5月25日(月)20:00にYouTubeで配信される「VTuber可憐の『シスター・プリンセス〜 お兄ちゃん♡大好き〜』」でデビューします。 「シスター・プリンセス」20周年を記念して開始されたVTuberプロジェクトでは、作品に登場する妹より可憐さんと咲耶さんがVTuberとしてデビューしています。 【シスター・プリンセス】VTuber花穂の3Dビジュアル公開、デビュー日も決定...

Nintendo Switch 2の仕様がリーク? 新たに判明した特許との関連性は(リアルサウンド) – Yahoo!ニュース

Nintendo Switch 2の仕様がリーク? 新たに判明した特許との関連性は(リアルサウンド) – Yahoo!ニュース

 任天堂が開発していると噂されるゲームコンソール「Nintendo Switch 2」。同機種に関連する可能性のある特許が明らかになった。【写真】リークされた特許画像。Nintendo Switch 2はユーザーの心身の状態をトラッキングする?・「ハンドヘルドモード」と「ドッキングモード」で心身の健康を促進? 『Japanese Nintendo』は5月14日に公開した記事で、任天堂の特許申請について報告している(参考:https://japanesenintendo.com/2020/05/14/nintendo-apply-for-quality-of-life-patent/#more-121004)。 任天堂が2019年9月に行ったこの奇妙なデバイスの特許申請には、ユーザーの家庭ドッキングベースに接続するハンドヘルドのモバイルデバイスについて記述されており、それはまるでSwitchのようなものだ。 このモバイルデバイスは、ユーザーの1日の活動をトラックし、環境センサー、カメラ、マイクも備えており、ユーザーの感情の状態を評価するのに役立つという。 ドッキングステーションは、さらに興味深い。ユーザーの呼吸と脈拍をモニターするドップラーセンサー、画像プロジェクター、カメラ、スピーカー、環境センサー、香りを発生させる装置まで備わっているという。 任天堂はその特許申請で、デバイスの睡眠トラッキングの可能性について、とりわけ長く記載している。ドッキングステーションは、睡眠時間、寝ないでベッドで過ごす時間、浅い睡眠と深い睡眠、目覚める頻度やいびきも計測できるようで、ドッキングステーションのプロジェクターに画像を表示して、夜の就寝や朝の目覚めにも役立つという。・特許記載のテクノロジーは、Nintendo Switch 2のもの? これを受けて『Tom's Guide』は「Nintendo Switch 2には、奇妙な新しい睡眠トラッカーが付属している可能性がある」と報じている(参考:https://www.tomsguide.com/news/nintendo-sleep-tracker-patent)。 同メディアによると、睡眠や健康状況をモニターしたり、感情の状態を評価したり、部屋の香りを良くしたりできる、スマートフォンの様なヘルストラッカーをリリースする可能性もあるとのこと。 しかし、任天堂のシステムとして出すのであれば、ゲームの存在は欠かせない。おそらくは『リングフィット アドベンチャー』のようにプレイでき、ユーザーの健康情報を使用してゲームを進め、メンタル面を評価するためのクイズやパズルもあるという。 任天堂はモバイル端末とベースステーションで、ユーザーの心身の健康をモニターし、改善するための対策を講じることを目指しているようだ。 任天堂が、このデバイスをNintendo Switch 2に統合する計画を立てているのかどうかは、まだ明らかになっていない。しかし、『リングフィット アドベンチャー』は、現行Nintendo Switchで驚くほどに大ヒットしており、特許に記載されているテクノロジーは全く異なるものではないように思える。・心臓部分のアップデートは確実視、 デザインも一新? 『Tom's Guide』は、Nintendo Switchは2017年に発売され、NVIDIA Tegra X1システムオンチップが搭載されているが、かなり時間が経っており、任天堂がチップセットのアップデートを検討する余地は十分にあるとしている(参考:https://www.tomsguide.com/opinion/nintendo-switch-2-could-be-a-true-powerhouse-with-this-breakthrough)。 また、新たなリークでは、AMDグラフィックスを備えたExynos...

Xbox Game Passなら100円で45万円分のゲームが遊び放題に!? 待望のゲームサブスクがついに国内スタート! | WHAT’s IN? tokyo

Xbox Game Passなら100円で45万円分のゲームが遊び放題に!? 待望のゲームサブスクがついに国内スタート! | WHAT’s IN? tokyo

2017年6月に欧米で始まったゲーム遊び放題のサブスクリプション”Xbox Game Pass”。定額でXboxプラットフォームのゲームが遊び放題という夢のようなサービスだが、海外より遅れること3年、2020年4月14日よりついに日本でもスタートした。これがじつに素晴らしいサービスで、まだXbox Oneを持っていないなら、Xbox Game Passを体験するためだけに本体を買ってもいいくらいマジでやばい。何がどうやばくてすごいのかをお伝えする。 文 / 松井ムネタツ 名作・傑作がたっぷり遊べるラインナップ Xbox Game Passとは何なのかをあらためて説明しよう。毎月定額を支払うことで、100種類以上のXbox One/PC向けゲームが遊び放題となるサブスクリプションサービスだ。どんなタイトルがあるかというと、その種類はだいたい以下のような感じになっている。 ・Xbox Game Studios‬(マイクロソフト)タイトル ・名作/傑作フルプライスタイトル ・名作/傑作インディーゲームタイトル ▲Xbox...

ASCII.jp:レッツ・タルコフ! オンラインFPS「Escape from Tarkov」のリアルすぎるミリタリー描写に脱帽 (1/2)

ASCII.jp:レッツ・タルコフ! オンラインFPS「Escape from Tarkov」のリアルすぎるミリタリー描写に脱帽 (1/2)

ASCIIゲームレビュー語録 第34回 タルコフの沼に一度浸かったら脱出できなくなるかも ロシアのBattlestale Gamesが手がけたオンラインFPS「Escape from Tarkov」  Battlestale Gamesが手がけた「Escape from Tarkov」は、ハードコアなサバイバル体験ができる話題のオンラインFPS。敵が徘徊する無法地帯のエリアを探索し、戦利品を持ち帰ることが目的だ。リアルを追求したミリタリー要素のほか、死んだら装備品を全部喪ってしまうシビアさが本作の醍醐味となっている。  前編では基本的なゲームシステムを紹介したが、後編はPMCとSCAVの特性やミリタリー描写、購入方法などを取り上げたい。 PMCとSCAVのメリット、デメリットとは 民間軍事会社に所属する「PMC」と、武装グループの「SCAV」のいずれかを選択できる  前編紹介したが、本作では民間軍事会社に所属する「PMC」と、武装グループの「SCAV」を操作することになる。 PMCはいうなれば持ちキャラ。装備とスキルを強化し、強靭な傭兵を育てよう  PMCはいうなれば持ちキャラで、銃器および防具のカスタマイズに加え、戦闘が有利になる「スキル」の強化も可能だ。例として、体力の上昇、異常ステータスの耐久力上昇、エイムのブレを無くすなどが挙げられる。たとえ死んだとしても、行動次第でスキルの経験値がたまっていくので決して損とはいえない。サバイバルシューターだけでなく、RPGの要素も含まれている点もポイントだ。持ちキャラを強化していくという楽しみ方もあり、やりこみ度は十分といっていいほど高い。 PMCの救済策として「ポーチ」を利用できる。喪いたくないアイテムをポーチに入れておけば死んでも喪失しない 出撃中に指定されたアクションをすると、戦闘とサバイバルに役立つスキルを強化できる。レベルアップするとバフ効果が付与され、生存率が一気に高まる...

蒼穹を貫く天槍となれ!超音速ドックファイトバトル『Jet Lancer』 – もぐらゲームス

蒼穹を貫く天槍となれ!超音速ドックファイトバトル『Jet Lancer』 – もぐらゲームス

速度と重力の極限をせめぎ合いながら繰り広げられる戦闘機同士の空中戦「ドッグファイト」。それらは媒体を問わず様々なフィクションでも鮮烈に描かれ、大空という未知の領域や、戦闘機などのメカニック、あるいはそれを操るエース・パイロットと呼ばれる人々への憧憬を想起させてきた。筆者もそうしたドッグファイトの世界に魅了された人間のひとりであり、筆者の場合はとりわけ幼少のころに実兄の影響でプレイしたパソコン用のフライト・シミュレータの存在が大きかったように思う。 『Jet Lancer』はVladimir Fedyushkin氏、Nicolai Danielsen氏が共同で開発し、Armor Games Studiosが販売を担当するシューティングゲーム。2020年5月12日よりSTEAMにてPC版、ニンテンドーe shopにてNintendo Switch版がそれぞれ配信されている。架け橋ゲームズのサポートにより日本語にも対応している。 もっと高く、もっと速く。理屈無用の超音速バトル 過去に作戦の失敗によって愛機を失い借金漬けとなった傭兵Ash。借金返済のために新たに格安で入手した戦闘機は、幽霊が乗っていると噂されるいわく付きの機体。その機体の入手と呼応するかのように各地で見つかる古代兵器群を巡り、傭兵・連邦空軍・空賊の3つの勢力の思惑が交差する戦いが繰り広げられていく。 本作『Jet Lancer』はフィールド内を移動しつつ敵と戦う全方位型の2Dシューティングゲームとなっている。その特徴は圧倒的なスピード感とド派手な戦闘描写だ。四の五の理屈で語るよりもまずはムービーを見てもらった方が説明が早い。 広大に開けた空を自由に舞い、敵から放たれた尾を引く大量のミサイルを捻り込んだ軌道で掻い潜って機銃一閃、間髪入れずに地上の戦車へ目掛けて急降下爆撃…アニメ『超時空要塞マクロス』シリーズなどで見られるような激しい空中戦を自らの手で体感できるとあれば、興奮するなという方が無理筋というもの。導入部の切れ味も素晴らしく、男児の憧れを詰め込んだ作品と言えるだろう。 圧倒的機動力で制空権をもぎ取れ 本作では空戦エリア内を戦闘機で飛び回り、敵のせん滅やボスの撃破、施設のハッキングや味方の護衛といった作戦目標を達成すればステージクリアとなる。逆に敵からの攻撃を受けたり衝突などで3つあるライフが無くなって撃墜された場合や、作戦目標を達成しないままはエリア外に出た場合はゲームオーバーとなる。 操作はコントローラ操作の場合、スティックで旋回、Rトリガーで推進し、推進ボタンを放している間は重力にしたがって徐々に下降していく。ボタンを押していないと前に進まないという癖のある操作だが、推進力をカットしていても空中でその場での旋回が可能で、現代の戦闘機では一部の最新鋭機でしか成しえないクルビット機動を再現できるという空戦マニアを唸らせる高機動ぶり。また、Lトリガーで一定時間の間さらに加速できるアフターバーンを使用できる。 武装は機銃とロケット、ロケットの溜め撃ちで発動できるチャージウェポンの3種類。敵からの攻撃は一瞬だけ無敵になれる緊急回避アクション「ドッジロール」を駆使して回避していこう。敵ミサイルは引き付けてからドッジロールを行うことで追尾を切れるほか、被弾直後であってもドッジロールをタイミングよく行えていればダメージをリカバリーできる。ドッジロール・オア・ダイと言っても過言ではないくらい攻撃が激しいので、猛攻を耐え抜く為にもドッジロールの扱いはぜひ習熟しておこう。 ミッション攻略は的確なカスタマイズから ミッションをクリアしていくことで機体のカスタマイズが解禁され、ロケットやチャージウェポン、機体に様々な機能を追加するモジュールの変更ができるようになる。戦闘機の装備の定番であるホーミングミサイルや無誘導爆弾の他、ドッジロールをエネルギーをまとった体当たり攻撃に変更する「Dash...

風栄社、1人で遊べる新感覚カードゲーム『Blade Rondo Lost Dream』と学園を舞台にした密告パーティーゲーム『Eresia』を発売 | Social Game Info

風栄社、1人で遊べる新感覚カードゲーム『Blade Rondo Lost Dream』と学園を舞台にした密告パーティーゲーム『Eresia』を発売 | Social Game Info

風栄社は、1人から2人用カードゲーム『Blade Rondo Lost Dream』(ブレイドロンド ロストドリーム)と、学園を舞台にした密告パーティーゲーム『Eresia』を、5月14日に発売したことを発表した。『Blade Rondo』(ブレイドロンド)シリーズは、最初に配られた15枚の剣カードから7枚を手札にして戦う新感覚カードゲームシリーズ。山札がなく、ゲーム中に手札を補充する手段はない。たった7枚のカードを駆使して勝利を掴み取ろう。本シリーズは1個だけで全種類のカードが揃い、白熱の対戦をすぐに楽しむことができる。『Blade Rondo』(ブレイドロンド)シリーズ最終作となる『Blade Rondo Lost Dream』(ブレイドロンド ロストドリーム)は、最終作にふさわしい最高難易度の1人プレイモードを搭載している。外出が難しい昨今、自宅でじっくりと楽しめる一品となっている。『Eresia』(エレジア)は学園を舞台にした密告パーティーゲーム。ゲームの目的は誰よりも早く優れた成績を収めること。学校を首席で卒業できれば、明るい未来が待っているでしょう。……おやおや?立ち入りの禁じられた廃墟に向かうのは誰でしょうか?■イエローサブマリンにてクリアファイルプレゼントキャンペーン開催中! アナログホビー・アナログゲームを扱う小売店、ホビーベースイエローサブマリンにて、同社商品2000円以上お買い上げごとに「Blade Rondo」特製クリアファイルをプレゼント(全2種類)。下記、イエローサブマリンの通販でも手に入れることができるので、店舗へ足を運べない方は利用してみよう。   イエローサブマリン ■新作スリーブ情報 「Blade Rondo」シリーズ過去作パッケージアートを使用した美麗スリーブが新登場!各65枚入り、880円(税込) ・DOMINA ART...

Page 2 of 290 1 2 3 290
  • Trending
  • Comments
  • Latest

Recommended