Bitsummit

Bitsummit

SSFF&ASIAジョージ・ルーカスアワードとアカデミー賞につながるオフィシャルコンペティション supported by Sony 審査員に和泉元彌さん、筒井真理子さん、深田晃司さんらが決定!

SSFF&ASIAジョージ・ルーカスアワードとアカデミー賞につながるオフィシャルコンペティション supported by Sony 審査員に和泉元彌さん、筒井真理子さん、深田晃司さんらが決定!

米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2020」(2020年9月16日(水)~27日(日)開催)は各部門の優秀賞が翌年のアカデミー賞短編部門へのノミネート候補となるオフィシャルコンペティション supported by Sony の公式審査員5名が決定したことを発表いたします。審査員を務めるのは、狂言和泉流二十世宗家の和泉元彌さん、エッセイストの犬山紙子さん、俳優の筒井真理子さん、Vimeo Senior Curatorのジェフリー・バウアーズさん、映画監督の深田晃司監督。オフィシャルコンペティション supported by Sonyには、世界105の国と地域から集まった3000本以上の応募があり、審査員は選抜された71本の作品の中から、インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門各優秀賞と、グランプリとなるジョージ・ルーカスアワードを決定。9月27日(日)に明治神宮記念会館にて実施されるアワードセレモニーに登壇し、各賞の発表および授与を行います。 なお、本年より、ソニー株式会社(以下、ソニー)が、オフィシャルコンペティションをサポート。テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーとして多様な事業や人材、ノウハウを有する、世界でも類い稀な存在であるソニーが、映画祭とともに才能あふれる若いフィルムメイカーたちの支援・育成に参画することで、SSFF & ASIA 2020は更に1歩、日本発、世界レベルの映画祭へと近づきます。更に、本映画祭は設立当初からジョージ・ルーカス監督に応援いただいており、毎年熱いメッセージレターを頂いています。2018年には、映画祭20周年を記念し、グランプリを世界初となる監督の名前を冠したジョージ・ルーカスアワードと命名させていただけることになりました。今年は、コロナ禍で様々に変化し模索を続ける映画祭、映画産業、フィルムメイカーに向けた応援メッセージが届きました。              ...

『Dead by Daylight』の最新チャプター「彼方への降下」とグラフィック刷新計画「霧の世界のその先へ。」の初回アップデートが配信開始(電ファミニコゲーマー) – Yahoo!ニュース

『Dead by Daylight』の最新チャプター「彼方への降下」とグラフィック刷新計画「霧の世界のその先へ。」の初回アップデートが配信開始(電ファミニコゲーマー) – Yahoo!ニュース

 海外ゲームの販売やローカライズ事業を手がける3gooは9月9日(水)、非対称対戦型サバイバルホラー『Dead by Daylight(デッド バイ デイライト)』の最新チャプター「彼方への降下(Descend Beyond)」と、グラフィック面の刷新を実施する取り組み「霧の世界のその先へ。(Realm Beyond)」に関する初回アップデートの配信開始を発表した。 【この記事に関連するほかの画像を見る】  『Dead by Daylight』は、カナダ・モントリオールに拠点を置くBehaviour Interactiveが送る4対1の非対称型マルチプレイヤー・ホラーゲームである。「エンティティ」と呼ばれる邪神を信奉するひとりの殺人鬼(キラー)と、エンティティが想像した「霧の森」へ捕らわれてしまった4人の生存者(サバイバー)たちが命がけのチェイスを繰り広げる作品だ。  今回配信されるチャプター「彼方への降下」では、マッドサイエンティストであったことからエンティティに魅入られたキラー「ザ・ブライト」と、ある秘密結社に関わりを持つ建築家のサバイバー「フェリックス・リクター」が追加される。  本チャプターを購入すると、ふたりの新キャラクターにくわえ新しい生存者限定のアイテム「フェリックスのワールドクラスジャケット」がアンロックされる。さらに、『サイレントヒル』のコラボチャプターで登場したサバイバー「シェリル・メイソン」に、同シリーズの登場人物「シビル・ベネット」巡査をイメージした「シビル・ベネット レジェンダリーセット」を含む新たなコーディネートも追加されているようだ。  また、次世代ゲーム機であるPlayStation 5およびXbox Series Xでのリリースに向けた取り組み「霧の世界のその先へ。」の初回アップデートも実施。スプリングウッドの「バダム幼稚園」とファミリーレジデンスの「山岡邸」についてはステージの再構築を実施しているほか、発電機やパレットなどのオブジェクトについても新たな3Dモデルやアニメーション、エフェクトが適用されている。  「霧の世界のその先へ。」については現在のチャプターとアーカイブのロードマップに従って6週ごとに実装されていく。このほか、Google...

アクションゲーム「スカール(Skul: The Hero Slayer)」が東京ゲームショウ2020 オンラインに参加。本日からセールの実施も

アクションゲーム「スカール(Skul: The Hero Slayer)」が東京ゲームショウ2020 オンラインに参加。本日からセールの実施も

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>SouthPaw Games 開発 PC 向けアクションゲーム『スカール (Skul: The Hero Slayer)』TOKYO GAME SHOW 2020 ONLINE へ参加! 株式会社NEOWIZ (本社:韓国 京畿道城南市、代表:文 智秀(ムン・ジス))は、「Steam」で提供しているPC向けアクションゲーム『スカール (Skul: The...

OPPO Reno AとOPPO A5 2020でフォートナイトしたら見えたミッドレンジとハイミッドレンジの間の大きな壁

OPPO Reno AとOPPO A5 2020でフォートナイトしたら見えたミッドレンジとハイミッドレンジの間の大きな壁

『CPU』『GPU』『モデム』を1つの半導体にまとめたもの。スマートフォンが動作する上で最も重要な『核』とも言えるのが『Soc』です。つまり、ざっくりとした言い方をすればSocの性能=スマートフォンの性能という事に。Androidのスマートフォンに搭載されているSocの大半は、クアルコム社が製造している『Snapdragon』です。 Snapdragonは性能に合わせてそれぞれ番号がつけられており、『400』シリーズは『エントリー』、『600』シリーズは『ミッドレンジ』、『700』シリーズは『ハイミッドレンジ』、『800』シリーズは『フラッグシップ』にカテゴリー分けする事が出来ます。 『エントリー』は音楽鑑賞や動画視聴、スケジュール管理、メモ程度の写真撮影、ナビ、決済など、進化した電子手帳的な使い方をするのがベスト。『arrows M05』のような『おサイフケータイ』を搭載したモデルが個人的にはオススメです。ただし、無理に3Dゲームなどで長時間遊んだりすると、端末に負荷がかかりすぎて壊れてしまう可能性があるので注意が必要。Antutuのベンチマークスコアは10万に届かない程度ですからね。 富士通 arrows M05 Antutuベンチマークスコア 『エントリー』は完全に別物扱いとして、問題は『ミッドレンジ』と『ハイミッドレンジ』です。2つの違いがあまりわからないという人も実際多いでしょう。メーカーによって『ハイミッドレンジ』より高額な『ミッドレンジ』も多数存在するので、分からなくなるのは尚更のこと。しかしAntutuのベンチマークで数値化してみると、その性能差は明らか。 OPPO A5 2020 Antutuベンチマークスコア(競争モード設定時) OPPO Reno A Antutuベンチマーク(競争モード設定時) そしてこの数値の差が思っている以上に大きな影響を与えているという事が、『フォートナイト』でをプレイしようとした時に実証されたのです。 先日、『Redmi Note 9S』『Mi...

『キングダムズ オブ アマラー:リレコニング』発売開始。ゲーム本編と今後配信予定のDLCがセットになったデラックス版も同時発売 –

『キングダムズ オブ アマラー:リレコニング』発売開始。ゲーム本編と今後配信予定のDLCがセットになったデラックス版も同時発売 –

 THQ Nordicは、『キングダムズ オブ アマラー:リレコニング』を、PC、プレイステーション4、Xbox Oneにて発売開始したことを発表した。  同時に、DLCがセットになったお得なデラックス版『キングダムズ オブ アマラー:リレコニング フェイトエディション』も発売開始。  本作は、広大な世界“アマラー”で敵と戦い、冒険しながら秘密を解き明かしていくオープンワールドアクションRPGとなっている。 以下、リリースを引用 オープンワールドアクションRPG『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning(キングダムズ オブ アマラー:リレコニング)』PC、PlayStation4、Xbox Oneにて発売開始  THQ Nordic...

『メタルマックスゼノ リボーン』9月10日よりPS Storeにて“Digital Limited Edition”を含むDL版の販売がスタート! 期間限定でPS4版/Switch版それぞれに無償DLCも

『メタルマックスゼノ リボーン』9月10日よりPS Storeにて“Digital Limited Edition”を含むDL版の販売がスタート! 期間限定でPS4版/Switch版それぞれに無償DLCも

 角川ゲームスは、2020年9月10日(木)発売予定の『メタルマックスゼノ リボーン』について、同日より、プレイステーション4用のダウンロード限定版“Digital Limited Edition”含むダウンロード版の販売を開始する。  また、2020年9月10日(木)~9月24日(水)の期間限定でプラットフォーム別の2種の戦車の無償配信も開始される。 本記事の初出時、一部ハード名の表記に誤りがありました。読者の皆様ならびに関係者の皆様にお詫びし、訂正させて頂きます。 以下、リリースを引用 『メタルマックスゼノ リボーン(PS4/Nintendo Switch)』明日 発売日 9/10(木)よりPS Store にて専売商品『Digital Limited Edition』含むDL版販売スタート アップデートパッチ及びプラットフォーム別無償配信DLC(戦車兵器)の配信も開始!  株式会社角川ゲームス(本社:東京都品川区 代表取締役社長 安田善巳、以下角川ゲームス)は、2020年9月10日(木)に発売予定の、戦車と犬と人間のRPG“メタルマックスシリーズ”最新作『メタルマックスゼノ...

電子ペーパーがついにカラーに! PocketBook Colorレビュー | ギズモード・ジャパン

電子ペーパーがついにカラーに! PocketBook Colorレビュー | ギズモード・ジャパン

完成形ではなくても、大きな進化の一歩。iPadが生まれても、誰もが5インチとか6インチのスマホを持つようになっても、E Ink(電子ペーパー)の電子書籍リーダーは生き残ってきました。ただ生き長らえただけじゃなく、ちゃんと進化もしてきました。そして2020年、ついにPocketBook ColorやHisense A5CといったフルカラーのE Inkディスプレイ搭載プロダクトが誕生しました。あらゆる第1世代プロダクトがそうであるように、これら新たなデバイスはパーフェクトとは言い難いですが、いつかはE Inkリーダーが液晶タブレットの対抗馬になっていけるのかも…と期待を抱かせてくれます。E Inkテクノロジーは液晶とか有機ELとは根本的に別物で、そこにはAmazon KindleとかRakuten Koboへの需要をキープし続けるだけの優位性がありました。バッテリーライフは恐ろしく長いし、直射日光の下でもちゃんと読めます。ビーチで読書するなら、断然iPadじゃなくてE Inkリーダーです。でもE Inkには不便なところもいくつかあり、その最たるものが「白と黒しか表示できない」ことでした。いろんな会社がカラー表示手法を開発してきていて、たとえばQualcommは2012年に蝶の羽にインスパイアされたMirasolディスプレイってのを出したんですが、ちょっと出てきただけですぐに消えてしまいました。電子ペーパーにもいろいろありますが、その最大手がE Inkで、今売られている電子書籍リーダーの大半で使われています。彼らはここ数年、カラーのE Inkディスプレイを出す出すと言っていきましたが、2020年はじめのCESでついに、発売は今年中だと発表しました。その宣言通り、今年5月にはカラーE Inkディスプレイを搭載したスマホ・Hisense A5Cが、7月には電子書籍リーダー・PocketBook Colorが発売となりました。この記事ではHisense A5Cもサラッと紹介しつつ、主にPocketBook Colorをレビューしていきますね。初のカラーE InkデバイスはHisense A5C一番最初に世に出たカラーE...

確かに感じられる「Fallout」らしさ!「Fallout Shelter Online」レビュー|ゲーム情報サイト Gamer

確かに感じられる「Fallout」らしさ!「Fallout Shelter Online」レビュー|ゲーム情報サイト Gamer

「Fallout Shelter Online(フォールアウト・シェルター・オンライン)」は、スマートフォン向けRPG。タイトルにある通り、核によって崩壊した世界が舞台のRPG「Fallout」シリーズのスピンアウト作品だ。これまでPC、コンシューマーを中心にリリースされてきた「Fallout」シリーズだけに、スマートフォン向けということで、敬遠するファンもいるかもしれない。確かに本作は、典型的なスマートフォンゲームに仕上がっている。しかし、同時にしっかり「Fallout」らしさも持ち合わせた作品なのだ。 監督官としてシェルター「Vault」を管理! RPGのストーリーは、たいていスタート地点となる村や街を出発し、次々目的地を変えながら最終目的地を目指す…というものになっている。映画で言えば、ロードムービーのような形式。「Fallout」シリーズもこの形式に則っており、プレイヤーは自分の育ったシェルターから旅立ち、様々な村や街を訪れていく。しかし、本作はこうしたロードムービー型ではなく、プレイヤー=主人公自身の住むシェルター「Vault」を中心に物語が展開する。…というのも、主人公が「Vault」の監督官だからだ。 ゲーム冒頭、主人公は次期監督官として「Vault」の管理方法を学んでいく。この部分がチュートリアルという構造だ。そしてチュートリアルが完了したころ、現監督官が「Vault」から失踪してしまう。しかも、「Vault」にとって重要な装置であるテラフォーミング装置を持って失踪。どうやら、現監督官は「Vault」に関わるある情報を知ったことで、失踪せざるを得ない状況に追い込まれたようだ。その情報が何なのかは現監督官を探し出さないとわからない。もちろん、テラフォーミング装置の奪還も必要だ。 フツーのRPGなら、失踪した現監督官を追って主人公が「Vault」を出ていく…という形になるのだろう。しかし、監督官の失踪によって主人公は次期監督官から監督官になってしまう。監督官なしには「Vault」の運営はおぼつかない…ということで、主人公は「Vault」に留まることになる。 プレイヤーが本作でやることのひとつめは、監督官として「Vault」を管理すること。電力、食料といった生活に必要なリソースを獲得。そしてリソースを使って「Vault」内に施設を建設したり、アップグレードしたりしていく。つまり、内政型のシミュレーションゲーム的なことを行っていくわけだ。 前監督官を追え!ウェイストランドを探索 主人公が「Vault」の管理を担う一方、失踪した前監督官探しを担うのは、「Vault」の居住者たち。居住者たちの中からチームを編成し、ウェイストランドの探索へと繰り出すことになる。 マップから探索ポイントを選択すると、探索パートがスタート。このパートは、戦闘を行いつつダンジョンを探索するRPG的なパートになっており、指定された目的を達成することでクリアとなる。目的はたいてい、敵を全滅させるか、敵ボスを倒すかのいずれかだ。 「Fallout」には色んな楽しさが詰まっているが、筆者が魅力を感じるポイントのひとつが、探索のドキドキ感。核によって変異した様々なミュータント。変異していない人間であっても、レイダーと呼ばれる無法者として襲われる場合もある。そんな、何が起きるかわからないドキドキ感に、核崩壊後の無法の世界の空気を感じる。これが筆者の惹かれる「Fallout」らしさなのだ。では、本作の探索にこうしたドキドキ感があるのかというと…ある。 本作のダンジョン内は部屋単位で区切られており、部屋をタップすることで移動する。把握できるのは一度入ったの隣の部屋まで。なので、ダンジョン探索開始時はほとんどの部屋が見えない。どんな敵が潜んでいるのか?何かアイテムは落ちてないか?…など、一部屋ずつ徐々に明らかにしていくのは、とてもドキドキする要素だ。 ダンジョン内でミュータントやレイダーと遭遇すると、戦闘が開始。チーム内のキャラクターは自動的に通常攻撃を行ってくれる。プレイヤーはスキルの使用だけ指示する形だ。スマホRPGでよくある形…と感じる人もいるかもしれない。ただ、難易度にそこそこ歯ごたえがあって緊迫感を味わえることと、主人公=監督官という設定から、本作に合った戦闘システムだと感じた。もちろん本編「Fallout」とは全くシステムが異なる。しかし「Fallout」らしさは崩していないように思う。 ダンジョンを探索することで、メインストーリーである前監督官探しが進行していく。と同時に、アイテムも手に入る。これらの素材アイテムを使用すると、「Vault」の拡張や、探索担当チームの強化が可能。なので、探索と「Vault」管理を並行して行っていくような流れになる。 ちゃんと「Fallout」!ファンならプレイする価値アリの一作 ここまでの内容を読んで、「まんまスマホRPGじゃん!どこがFalloutなの?」と思った人もいるだろう。しかし、プレイしてみるとこれがちゃんと「Fallout」なのだ。これは、巧みな世界観作りによるものだと思う。 「Fallout」らしさを感じさせてくれるのが、まずビジュアル面。もちろん、本作のビジュアルは「Fallout3」以降採用されているようなフル3DCGではない。しかし、「Fallout」シリーズを通して使われてきた「Vault Boy」調の2Dビジュアルが採用されているため、「Fallout」のイメージはしっかり残されている。 また、セリフを通して、核に対する「皮肉交じりのユーモア」を感じさせてくれる点も、「Fallout」らしさを感じさせてくれる点だ。核の存在を茶化したような「皮肉交じりのユーモア」は、「Fallout」の世界観を形作る重要なポイント。従来作でこうした「皮肉交じりのユーモア」を「Vault...

Fall GuysのプレイにおすすめなゲーミングPC、快適に遊べるスペックを紹介 – 攻略大百科

Fall GuysのプレイにおすすめなゲーミングPC、快適に遊べるスペックを紹介 – 攻略大百科

バトルロイヤルパーティーゲーム「Fall Guys(フォールガイズ)」は現在、PCとPS4にてプレイ可能なタイトルです。 他のゲームも視野に入れ、PCでFall Guysをプレイしたい人向けに目的別でおすすめゲーミングPCを紹介します。 出典: www.playstation.com 必要スペック ゲーミングPCは選ぶパーツによって性能や価格が大きく異なり、プレイしたいゲームが動作する環境に合わせてパーツを選択しなければいけません。 まずは公式が発表している必要スペックを見ていきましょう。 必要動作環境 必要動作環境は、公式が発表している最低限必要とされるスペックです。 このスペックを下回るとゲームプレイに支障をきたしたり、最悪プレイすらすることができない可能性があります。 ちなみに、他のゲームで一般的に公開されている推奨動作環境は、Fall Guysでは発表されておりません。 下記スペックを満たした上でPCの構成をご検討ください。 OS Windows 10 64ビット版 CPU...

Page 383 of 437 1 382 383 384 437
  • Trending
  • Comments
  • Latest

Recommended