Bitsummit

Bitsummit

ダブルの冷却システムを搭載した144Hzリフレッシュレートのゲーミングスマートフォン「RedMagic 5S」が発売! – funglr Games

ダブルの冷却システムを搭載した144Hzリフレッシュレートのゲーミングスマートフォン「RedMagic 5S」が発売! – funglr Games

中国深センに本社を置くスマートフォンメーカーNubia Technologyは、144Hz超高速リフレッシュレートのディスプレイを搭載した5G対応ゲーミングスマートフォン「RedMagic 5S」の日本国内販売を開始しました。以前funglr Gamesではゲーミングスマートフォン「RedMagic 5」のレビューをしましたが、今回の「RedMagic 5S」はその後継機種としてより高い冷却機能を備えた最新モデルです。 本体の空冷・水冷システムと冷却アタッチメント「Ice Dock」でダブル冷却 冷却システムの内部構造RedMagic 5S製品ページ 「RedMagic 5S」が採用するターボファン4.0と水冷システムのICE 4.0では、最大空気量が従来機種(RedMagic 3)よりも30%向上。本体内部の銅プレートの拡張や、本体背面に搭載されたICE AG シルバープレートによって、その冷却機能をさらに強化しています マイナス7.3℃を記録した強力な冷却アタッチメント「Ice Dock」 冷却アタッチメントIce Dock(別売)PR...

JOYCITYのスマホ向け新作アプリ5本が一挙公開に。「TERA」「KOF」など既存IPを活用した作品や,オリジナルタイトルをラインナップ

JOYCITYのスマホ向け新作アプリ5本が一挙公開に。「TERA」「KOF」など既存IPを活用した作品や,オリジナルタイトルをラインナップ

 JOYCITYは2020年9月3日,新作発表会をオンラインで開催した。ここでは,スマートフォン向けとなる「CROSSFIRE: WARZONE」「TERA: ENDLESS WAR」「THE KING OF FIGHTERS: STREET WAR」「PROJECT NEO」「PROJECT M」の5タイトルが明らかにされた。それぞれ順にお伝えしよう。 ※本稿は韓国向けの発表を元に執筆しています。日本での展開についてはいずれも明らかにされていません。 「CROSSFIRE: WARZONE」は,オンラインFPS「クロスファイア」のIPをベースに開発されるシミュレーションゲームで,10月中にグローバルでリリースされる予定だ。 プレイヤーは,部隊を編成して敵と戦ったり,自身の基地を発展させたりといったプレイを楽しめるという。ゲーム内にはさまざまな“将校”が登場し,彼らと相性が良い兵科を組み合わせるなど,戦略性のある戦いを繰り広げられるとのこと。  「TERA: ENDLESS WAR」は,PC向けMMORPG「TERA: The Exiled Realm of...

スポンジ・ボブ : カニカーニ・クックオフのレビューと序盤攻略 – アプリゲット

スポンジ・ボブ : カニカーニ・クックオフのレビューと序盤攻略 – アプリゲット

シュールなキャラ、スポンジボブの配膳アクション。 一緒にレッツクッキン! 「スポンジ・ボブ : カニカーニ・クックオフ」は人気アニメ「スポンジ・ボブ」を題材にした料理作りアクション。 スポンジ・ボブとしてコンロの前に立ち、ビキニボトムの住人たちに素早く料理を出していく。 スピードを要求されるアクション性が面白く、カジュアルな雰囲気ながらゲーマーもやりこめる歯ごたえのある難易度となっている。 目まぐるしい操作を要求される料理アクション 変なキャラたちが多数登場。独特のデザインだな。 いわゆるスピーディに料理を配膳する食べ物・クッキングアクション。めまぐるしいスピーディなタップアクションを要求される。 スポンジ・ボブの世界を探検したり、新しい家具やデコレーションなどを選ぶなど、ストーリー演出と豊富なカスタマイズ機能も用意されている。 「スポンジ・ボブ : カニカーニ・クックオフ」の特徴はスピーディなアクション 息をつく暇もないレストラン作業。ほんと大変そう。 誰が言い始めたかわからないが、忙しいゲームは面白い。1プレイは短いが、集中して料理をつくり、配膳していく作業はまったく退屈させない。 「LINE シェフ」などでも見かけるゲーム性ではあるが、豊富な育成要素もあり、ストーリー演出も随時挿入される。原作好きだけじゃなく、暇つぶしにも訴求力があるだろう。 高難度になるとテクニックを要求される 多彩なアイテムを集めて育成しよう。...

『Apex Legends』アップデートで、進化アーマーのHPが以前の仕様に戻される。バグにも修正入る |

『Apex Legends』アップデートで、進化アーマーのHPが以前の仕様に戻される。バグにも修正入る |

Respawn Entertainmentは9月4日、『Apex Legends』の新たなパッチノートを公開した。もっとも注目すべきポイントは、全アーマーのHPがシーズン5以前の状態に戻されるという点だろう。変更は本日よりすべてのプラットフォームで適用される。 新シーズンが始まって以来、アーマーの仕様は大きく変更されていた。ゲーム内のアーマーすべてが進化式になり、全プレイヤーがレベル0の進化アーマーを装着した状態で試合がスタートするようになったのだ。敵に一定のダメージを与えれば、アーマーを拾えなくともシールドが付与された状態になることができる。その引き換えとして、全アーマーのHPが従来よりも25減少した。強化しやすくなったぶん、基礎となるヘルスが引き下げられたというわけだ。 本作のデザインディレクターを務めるJason McCord氏はアーマーを従来の仕様に戻すにあたり、次のように説明している。『Apex Legends』は開発初期から、「倒した他プレイヤーからのドロップ品が強力なアドバンテージになる」ことを目指していた。同時に重視されていたのはフィールドの位置取りを把握し、マップを利用する戦略が大きな効果を発揮するようなデザインだ。ただしこれは、プレイヤーのテクニックが地理的条件を覆すほど上回っていたときにはうまく作用しなかった。シーズン1〜5にかけてはこの点の調整が続けられてきたという。 進化アーマーを導入したところ、内部のテストプレイでプレイヤーが頻繁に最上級の赤アーマーに到達し、225ものトータルヘルスで戦っているのが確認された。これにより開発陣が意図していたよりも戦闘が激化し、優れたプレイヤーはたとえ相手がきわめて有利なポジショニングをとっていても、敵を圧倒することが可能となっていた。そこでチームはアーマーの価値を下げることで、赤アーマーの入手しやすさを調整したようだ。 チームは数ヶ月にわたり内部でテストプレイを重ねてきた。その間得られたフィードバックはポジティブなものだったという。しかしテストチームは日々ゲームを遊ぶ数百万のプレイヤーに比べれば、ごく少数の集団でしかない。チーム内でのプレイスキルもまちまちであるため、大きなバランス変更の是非はゲームに反映されたときにしか測りえないという。つまりテストチーム内で受け入れられていたアーマーHPについての調整は、実際のプレイヤーからのフィードバックでは芳しくない評判だったということだろう。今後も進化アーマーにまつわる調整は続いていくという。 シールド以外の調整点は下記のとおり。ジブラルタルのドームシールド内からシーラを貫通して撃つことができなくなり、凶悪なコンボが排除されたようだ。レイス死亡後もポータルが消えなくなる点も大きな変更といえるだろう。 一般:・複数のサーバークラッシュを修正・いくつかのホロスプレーの見た目を調整・コースティックの不適切なセリフを削除 音声:・ディヴォーションとボルトを撃っているときに音が聞こえない問題を修正・コースティックのガス内にいるクリプトのドローン音が全サーバーで聞こえる問題を修正・シップ内でレプリケーターをマークした際「ここに向かおう」のセリフが再生される問題を修正 レプリケーター:・進化に必要な100ポイントをクラフトしても進化シールドが進化しない問題を修正・ボタン配置をニンジャにしているとレプリケーターを使えない問題を修正・レプリケーターを使っている間ダウンした仲間を蘇生できない問題を修正 ジブラルタル:・ドームシールド内からシーラを撃てる問題を修正 ランパート:・フィニッシャー音声「Boom!」が全サーバーに響きわたる問題を修正・増幅バリケードを破壊する際、スーパーレジェンドの格闘武器スキンを使用していると通常の近接攻撃より必要ダメージが増加する問題を修正・使用中のシーラを破壊するとサーバークラッシュする問題を修正 クリプト:・シーラを使用中のプレイヤーを索敵できない問題を修正 レイス:・レイスが死亡するとポータルが消える問題を修正(※仕様として受け止められていたが、バグだった模様)・ワールドエッジの間欠泉にポータルが干渉することでクラッシュする問題を修正・ポータルがレプリケーターと近接している際にプレイヤーがレプリケーターを使うと発生するエラーを修正 ローバ:・特定エリアでテレポートに失敗する問題を修正 アップデートは本日より、Xbox One/PlayStation...

新世紀の音楽たちへ | ゲーム音楽が、同人音楽と民族音楽を繋いだ(KAI-YOU Premium)

新世紀の音楽たちへ | ゲーム音楽が、同人音楽と民族音楽を繋いだ(KAI-YOU Premium)

「民族音楽と同人音楽」の続編として、とかく議論が紛糾しがちな「ゲーム音楽」を紐解く。 さて今回は「民族音楽と同人音楽」の続編。 同人音楽の中の民族音楽同人音楽を様々な観点からめぐる連載「新世紀の音楽たちへ」。 https://premium.kai-you.net/article/254 今回は「民族音… ゲーム音楽について触れていきます。待ってました! という声も聞こえそうだし、なんじゃそりゃ、の声も聞こえそうな気がします。みなさまはどちらでしょうか。というかいままでですます体でしたでしょうか。ごきげんようお姉さま。 さて、同人音楽サークルの中には「民族音楽系」を名乗りつつ、ゲーム音楽からも影響を受けたことを公言しているサークルさんも少なくありません。 「ゲーム音楽」と「民族音楽」と「同人音楽」。ここにはいろいろなつながりがありそうです。今回はそこらへんを少しだけ掘り返してみようかなと思っております。 「ゲーム音楽とはなにか」というテーマは以前から多くの議論が様々な人たちによって繰り広げられています。でも今回は全部省略。 ゲームのバックグラウンドミュージック(BGM)を主な対象にしたいと思います。SEとかセリフとか、それらにまつわるディスコグラフィーについてはまた別の機会にお話することもあるでしょう。 ※本稿は、2015年に「KAI-YOU.net」で配信した記事を再構成したもの 目次 ゲーム音楽を巡る、制約の歴史 ゲームミュージックが民族音楽に出会うまで ゲーム世界を表現するための音楽 同人音楽、民族音楽が可能にするもの 同人音楽とゲーム音楽の話に入る前に、少しゲーム音楽について整理しておきましょう。...

満足度93%、視聴数No.1!『The Boys ザ・ボーイズ』は、なぜこんなにも人々を魅了するのか? (2020年9月4日) – エキサイトニュース

満足度93%、視聴数No.1!『The Boys ザ・ボーイズ』は、なぜこんなにも人々を魅了するのか? (2020年9月4日) – エキサイトニュース

アメリカのレビューサイトRotten Tomatoesで平均オーディエンス満足度93%を獲得し、Amazonオリジナルドラマ史上最高の視聴数を叩き出した異色のヒーロードラマ『ザ・ボーイズ』。日本でも大ヒットした同作は、なぜここまで視聴者を魅了し、高い評価を受けたのか。様々なデータや時代の流れ、さらには筆者独自の観点を加味しながらその秘密に迫る。あらすじ:巨大企業ヴォートに雇われた選ばれし7人のスーパーヒーローたち。彼らは、"セブン"と呼ばれる最強チームを結成し、日々、市民の平和を守るため尽力していたが、いつしか欲と名声に溺れ、腐敗の一途をたどっていた。そんなある日、家電ショップ勤務の若者ヒューイが、セブンの一人 Aトレインの暴走によって恋人の命を奪われる。謝罪もなく誠意のない対応に怒り狂ったヒューイは、同じくセブンのメンバーに家族を奪われた元FBIのビリーに誘われ、自警団"ザ・ボーイズ"を結成。堕落したスーパーヒーローにリベンジを開始する!【ヒットの要因①】R指定上等!過激な原作を妥協せずに再現FUCKING TOMORROW.#TheBoysTV #TheBoys @TheBoysTV @PrimeVideo #SPN #SPNFamily #HoldOntoYourDicksAndVaginas pic.twitter.com/cuFRP4lZib— Eric Kripke (@therealKripke) September 3, 2020 「こんな腐ったスーパーヒーロー、俺たちが許さねぇ!」なんだかシノプシスを読むだけでアドレナリンが沸いてくるが、『プリーチャー』のガース・エニスと『Happy!』のダリック・ロバートソンによる超過激な同名漫画を妥協することなく忠実に再現した本作は、"R指定付き"ドラマとして配信。肉片が飛び散るバイオレンスやヒーローらしからぬ禁断のエロスなど、若年層に迎合しない容赦なき描写が次々と飛び出し、その潔さから、原作ファン、そして既存のヒーローものに辟易していた大人層の心を一気に鷲掴みにした。ちなみに、シーズン1第2話「始動」では、セブンのリーダーであるホームランダーがヴォート社の重役マデリンに誘発され、ビルの頂上で自慰行為に耽るシーンを撮影したそうだが、さすがにスタジオ側から「カットするように」と要請されたとプロデューサーのエリック・クリプキが証言(海外掲示板サイトRedditのQ&Aコーナーより)。このエピソードからも、スタッフのキャラクター表現に対してタブーを作らないチャレンジ精神が見て取れる。【ヒットの要因②】徹底的にスーパーヒーローの「闇」を活写 アベンジャーズの面々やバットマン、スーパーマンなど世界的に有名なアメリカン・ヒーローたちも決して清廉潔白とは言い切れない。その生い立ちや若気の至り、様々な葛藤や後悔などみんな黒歴史を抱えて生きているが、最終的には前を向いて力を合わせ、人類の平和のために命を懸けて戦うところに帰結する。だが、本作はそういった定石を全て覆し、とことん悪の道へ堕ちていくもの、プライドばかりが先立つもの、さらには能力を保持するために薬漬けになるものなどヒーローの邪悪な部分を徹底的に描写する。中には正義と不義の狭間で揺れるまともなヒーローも存在するがチームとしては崩壊寸前。まさに裏切りや陰謀が渦巻くドロドロの状態だが、その(スーパーヒーローだけれど)欠陥だらけの人間臭さこそが本作の真髄であり、他と一線を画す魅力だと言える。【ヒットの要因③】『半沢直樹』『梨泰院クラス』に通じる復讐劇 選ばれしスーパーヒーロー軍団"セブン"を抱えるヴォート社。本来は市民のために正義を尽くし、幸せな暮らしを提供することが使命だが、力を持ちすぎたことで慢心し、自分たちの野心を追求するあまり、善良な市民の苦しみに目を向けなくなる。"ザ・ボーイズ"はそれぞれの復讐心と正義を胸に刻みながら、知力を尽くした作戦と仲間の絆、そして最後まで諦めない執念で巨大企業の精鋭チームに勝負を挑む。まさに弱者が大企業に立ち向かう大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)や『梨泰院クラス』(Netflix)の構図を彷彿とさせ、視聴者の心のツボを大いに刺激する!【ヒットの要因④】キャラが濃い&対決軸がわかりやすい物語の軸は、セブン率いるヴォート社vs.元FBIのビリー率いる"ザ・ボーイズ"というわかりやすい設定。その対立構図の中で双方のリーダー、ホームランダー、ビリーを筆頭に濃厚なキャラクターたちが激しくぶつかり合う。それぞれ異なった特殊能力でダイナミックに戦うスーパーヒーローたち、そんな彼らに無謀な挑戦を仕掛ける"ザ・ボーイズ"の面々...それぞれに苦悩や葛藤、恨み辛みはあるが、善悪入り乱れて戦うさまは配信ドラマの域を超えたスケールの大きさだ。映画『シックスセンス』の元名子役ハーレイ・ジョエル・オスメントが巨漢を揺らし、怪しげな超能力者を演じる姿も必見!<キャラクター紹介>●ザ・ボーイズ...

【ステラバラード】ストラテゴのルールと勝つためのコツ【ステバラ】 |

【ステラバラード】ストラテゴのルールと勝つためのコツ【ステバラ】 |

ステラバラード(ステバラ)のストラテゴのルールと勝つためのコツについて紹介しています。ステラバラードで覇者の塔をプレイする際には参考にしてください。 目次 ストラテゴのルール 軍人将棋のようなミニゲーム ストラテゴは、軍人将棋(Stratego)というボードゲームに近いルールで行われる1対1のミニゲームです。お互いの駒を倒していき、一定ターン終了時に自身の駒が多く残っていたプレイヤーが勝利となります。 報酬は? 専用ショップで、装備の宝石枠解放素材「虹のドリル」などと交換できる、「遊園地コイン」などが獲得できます。負けても報酬を貰えるので積極的に参加しましょう。 交互にターンを進め80ターンで終了 ストラテゴでは、2人のプレイヤーのターンが交互に行われます。80ターン(1人40ターン)が経過するとゲームが終了し、その時点で勝敗が決定します。 プレイヤーが自分のターンに行える行動は、宝箱を開ける、自分の駒を隣り合った空いているマスに移動させる、自分の駒で隣り合った相手の駒を攻撃するの3つとなります。 各ターンには制限時間が設けられていて、制限時間以内に行動をしなければそのターンは強制終了となります。 宝箱を開けて駒を取り出す ストラテゴでは、はじめ6×6=36マスに宝箱が並んだ状態でゲームがスタートします。宝箱を開けると、そのマスに駒が出現、又は宝石パックなどの報酬が獲得可能です。 出現した駒は青色が味方の駒、赤色が敵の駒となります。 弱い駒を攻撃して相手の残り駒を減らして行く 出てきた自分の駒は、隣り合った何もないマスに移動させたり、隣の敵の駒を攻撃することができます。 駒には相性があり、自分より弱い相手に攻撃すると倒すことができます。相性が自分より強い駒に攻撃してしまうと返り討ちに遭ってしまうので注意しましょう。 相手のコマを倒すのに成功した場合は、相手の駒があったマスに自分のコマが移動します。ゲーム終了時に駒が多く残っていた方が勝ちとなります。なお、駒を倒すとその度にEXPが獲得可能です。 駒の相性 『玉>銀>角>桂>飛>香>歩』の順の強さになっていて、基本的には下図の右側より左側の駒が強くなっていて、自身より左の駒を攻撃すると返り討ちに遭ってしまいます。ただし、『玉』と『歩』の関係のみは特殊で、玉は歩に弱くなっています。...

アップルのアプリ配信問題、日本でも論争-エピック応援の声も – Bloomberg

アップルのアプリ配信問題、日本でも論争-エピック応援の声も – Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。米エピック・ゲームズが米アップルのアプリ配信プラットフォーム「アップストア」での慣習を巡って提訴することを決めたことで巨大な日本のゲーム市場でも論争が巻き起こっており、アップルに対する不満や疑念を再燃させている。   人気ゲームソフト「フォートナイト」を運営するエピックは、アップルが売上額の30%を手数料として徴収することに不満を示しているが、日本のゲーム開発者の懸念はより広範な分野に広がる。多数の関係者によると、ゲーム開発者は長期にわたり、一貫性のないアップストア審査担当者によるガイドラインの取り扱い方や予測不可能な内容の決定、コミュニケーション不足に対して不満を持っている。   米国での法的な衝突をきっかけに、日本の公正取引委員会もアップルの慣行に対する関心を高める中、これまで報復を恐れて沈黙を守っていた著名な企業幹部も声を上げ始めた。モバイルオンラインゲームなどを手掛けるグミの国光宏直会長は「心の底からエピックに勝ってもらいたい」とフェイスブックに投稿した。  アップルとグーグルは中国以外の国でモバイルアプリ市場を複占している。 「iPhone(アイフォーン)」やアンドロイド向けのアプリ配信を望むゲーム開発会社は、アプリストアを通じてゲームを販売することが事実上避けられなくなっており、収益の一部を両社と分配する必要がある。  スクウェア・エニックス・ホールディングスはグループで売上高の4割をスマホゲームから稼ぎ出す。ソニーは「フェイト・グランドオーダー」のヒットで数十億ドルを得た。Fate/Grand Order mobile game.  約70万2000人のゲーム開発者数を抱える日本はクリエーター大国のひとつ。 アップルの最近の調査では、日本のアップストアの2019年の売上高が370億ドルだったと試算している。内訳は商品関連が240億ドル、デジタル商品関連が110億ドル、アプリ内広告が20億ドルとなっている。  しかし、承認プロセスがより円滑なグーグルのアンドロイドの「プレイストア」と比較すると、アップルのアップストアは問題がより大きいとゲーム開発者は受け止めている。先が読めないアップルのアプリ審査の承認獲得支援サービスを提供する会社も存在するほどだ。   同サービスを提供するプライムセオリーの東海林誠氏は、アップルのアプリ審査は多くの場合「曖昧で主観的で理不尽」だと語る。基本的に対応の態度は冷たく、開発者は「下手に出なければいけない。それこそご主人さまにお伺いを立てる召し使いのように」と述べた。  アップストアの課題に直面した経験を持つゲームコンサルタントの平林久和氏によると、ある開発チームは、アプリ配信前に収益確保の計画に問題がないことを何度かアップルとも確認。しかし販売から数週間後、アップルは立場を一変させアプリから該当機能の削除を一方的に要求し、応じない場合にはアプリ自体の配信を停止すると言われたと話す。  平林氏は「アップルは時として自分の利益のためにルールを都合よく解釈し、裁定を行う不平等な執行人のようだ」と語った。原題:Apple App Store Draws New Scrutiny in Japan, Epicenter of Gaming(抜粋) 著者:...

Page 2934 of 2963 1 2,933 2,934 2,935 2,963
  • Trending
  • Comments
  • Latest

Recommended