Bitsummit

Bitsummit

幽霊調査ホラーゲーム『Phasmophobia』人気爆発を受けて早期アクセス期間を延長へ。無名の個人開発作が思わぬバイラルヒット |

幽霊調査ホラーゲーム『Phasmophobia』人気爆発を受けて早期アクセス期間を延長へ。無名の個人開発作が思わぬバイラルヒット |

『Phasmophobia』を開発するKinetic Gamesは海外メディアIGNに対し、同作の早期アクセス配信期間が当初の予定よりも長くなることを明かした。『Phasmophobia』は今年9月にSteamでの早期アクセス配信が開始された、最大4人Co-op対応のホラーゲーム。超常現象の捜査員として呪われた物件を調査する中、数々の怪異に遭遇する。霊的存在に命を奪われてしまう前に、超常現象の証拠を集め、その物件に何が取り憑いているのか突き止めるのだ(関連記事)。 発売当初は無名のタイトルであり、9月時点ではプレイヤー数もそれほど多くなかった。だがTwitch人気を受け、右肩上がりで人口を増やしていっている。ホラー演出に対してリアクションを取れる見せ場があり、かつCo-op対応によりコラボ配信もしやすい。プレイするたびに体験が変化する、実況プレイに向いたホラーゲームである。多くのストリーマーが本作を配信しており、Twitchの視聴者数ランキングでは上位。過去30日間の平均同時視聴者数は5万人台となっている(GitHyp)。プレイヤー人口も多く、平均同時接続プレイヤー数は5万人近く(Steam Charts)。Steamのユーザーレビュー数は7万件以上で、97%が高評価をつけている。 そんな『Phasmophobia』を手がけるのは、個人開発者のDknighter氏。ゲーム自体はKinetic Gamesという名義で販売しているが、ひとりで開発されている。同氏にとってのデビュー作であり、最初は短い早期アクセス期間を経てゲームを正式リリースする予定であった。しかしながら先述した予想外の大ヒットを受け、計画を変更したとIGNに語っている。人気作になったことで、人々のゲームに対する期待が高まったからだ。Steamストアページには、2021年の正式リリースを目指しているが、追加する機能や早期アクセスの状況によって変動し得ると記載されている。 Dknighter氏いわく、当初サーバーのキャパシティは、ローンチ日に多くて500人、それから減っていくとの想定で設定していたが、予想をはるかに上回る反響に。ピーク時で同時接続プレイヤー数11万人という、Steamでも上位クラスの人気作になった。セールスはすでに200万本を超えているという。 現在は影響の大きいバグの修正を優先事項としており、そちらが一段落ついてから新規コンテンツの開発に着手するとのこと。なお先日11月4日にも、バグ修正を中心としたアップデートが配信された。新しいコンテンツは、ゲームのベータ版(ゲーム購入者であればSteamよりアクセス可)でテストした上で本実装する見込みだという。 Twitch視聴者数(赤)は安定して高数値。プレイヤー人口(青)も徐々に増えていった。Image Credit: SteamDB 『Phasmophobia』の開発状況や既知のバグは、Trelloにて公開されている。To-Doリストに含まれる項目は、全マップでの天候ランダム化、幽霊がプレイヤーに物を投げてくる機能。幽霊がハントフェーズに入っているとき、物とインタラクトする機能。そのほかVRのミュート切り替えやSteam Cloudセーブ対応など多岐にわたる。着手中の項目には、優先事項であるバグ修正のほか、シングルプレイヤーボタンの追加(サーバーに接続しないモード)、アクセシビリティ項目の追加、契約難易度のランダムからドロップダウン選択式への変更などが含まれている。 同Trelloボードは自由にコメントを残せる設定になっており、フィードバックを募る場としても機能していそうだ。実際、バグの報告であったり、新しい機能に対する意見であったりと、多くのコメントが寄せられている。Trelloにはアイデア募集のリストもあり、「死亡したプレイヤーができること」「温度計の弱体化案」のカードには数百ものコメントが。長文も多く、熱意のあるファンに支えられていることが伝わってくる。 Trelloでは当初、PvPモード(片方のチームが幽霊を操作)にも言及されていたが、現在はTrelloから削除済み。Dknighter氏がIGNに語るところによると、このPvPに言及するTrelloカードは、人々のリアクションをさぐるために作ったのだという。現時点でそうした新しいゲームモードを追加する予定はないとのことだ。同氏は、あくまでも4人Co-opのゲームとして、バランスを調整していきたいと伝えている。そのため今後追加される新機能も、Co-opのゲームプレイにあわせたものになるという。 無名の個人開発タイトルとして始まり、2020年を代表するヒット作のひとつとなった『Phasmophobia』。日本語にも対応し、Steamにて1420円で販売中だ。VR/非VRの両方に対応している。 著者: " -- "

配信技研、2020年10月のゲームカテゴリーライブ配信視聴ランキングを発表 1位の兎田ぺこらをはじめVTuber12人がランクイン | PANORA

配信技研、2020年10月のゲームカテゴリーライブ配信視聴ランキングを発表 1位の兎田ぺこらをはじめVTuber12人がランクイン | PANORA

配信技研は1日、日本のゲームカテゴリーにおけるライブ配信視聴で上位20チャンネルを算出した2020年10月版ランキングを発表した。 YouTubeやTwitch、OPENREC.tvなどを対象に同社のデータ解析ツール「Giken Access」で自社調査したもの。累計の視聴時間(Minutes Watched)のほか、総配信時間(Hours Broadcasted)や平均同時接続数(Average CCU)がわかる。 1.pekora ch. 兎田ぺこら2.fps_shaka3.stylishnoob44.kuzuha channel5.兄者弟者6.渋谷ハル7.モンスト(モンスターストライク)公式8.riotgamesjp9.kinako10.kanae channel11.korone ch. 戌神ころね12.勇気ちひろ13.spygea14.miko ch. さくらみこ15.flare ch. 不知火フレア16.watame ch. 角巻わため17.本間ひまわり –...

『Risk of Rain 2』Steam版に新マップ「Sundered Grove」を追加するパッチがサプライズ配信開始。バグ修正も実施

『Risk of Rain 2』Steam版に新マップ「Sundered Grove」を追加するパッチがサプライズ配信開始。バグ修正も実施

インディースタジオのHopoo Gamesは11月4日、3Dアクションゲーム『Risk of Rain 2』のSteam版向けに最新パッチ(1.0.2.1)を配信した。バグ修正を中心としながら、新たなマップも追加している。 今回のパッチでは、新マップとして「Sundered Grove」を追加。これは、9月に配信開始したStadia版『Risk of Rain 2』の時限独占コンテンツとなっていたマップで、その独占期間が終了しSteam版にも登場したかたちだ。Sundered Groveは、Abyssal DepthsやSiren’s Callとならび第4ステージのひとつとして組み込まれた、古代の植物が茂る地上の森林から地下にわたるエリアだ。巨大な樹木の根が縦横無尽にうねり、足場にもなっていることが特徴的である。敵には、Clay DunestriderやWandering Vagrant、Stone Titanなどが登場する。 このほか、いくつかのバグ修正を実施した。エクリプスのレベル3での敵への改変要素や、最終ボスの衝撃波が多く発射されていた問題、ゲームパッド使用時のメニュー画面のカーソル位置の問題などを修正。ローカライズについても多くの改善をおこなっているとのこと。詳しい内容はパッチノートを確認してほしい。 『Risk of Rain...

コスパに優れたハイスペックゲーミングスマホ「RedMagic 5」でPUBGモバイルをプレイしたら簡単に勝てた – funglr Games

コスパに優れたハイスペックゲーミングスマホ「RedMagic 5」でPUBGモバイルをプレイしたら簡単に勝てた – funglr Games

中国の深センに本社を置くスマートフォンメーカーNubia Technologyから発売されている、超高速リフレッシュレート144Hzのディスプレイを搭載した5G対応ゲーミングスマートフォン「RedMagic 5」各社から販売されているゲーミングスマートフォンの中でもトップクラスの性能を誇りながらも、価格は629.00USドルからとコストパフォーマンスに優れた製品として登場しました。以前にもfunglr Gamesでご紹介していますが、優れた冷却性能や本体側面に配されたビルトインプロトリガー、ゲームスペース2.1を搭載し、ゲームを快適に、そして有利に楽しめるような製品に仕立てられています。そんな「RedMagic 5」で実際にゲームを楽しんでみたらどうなるのか?funglr Gamesが試してみました! 144Hz超高速リフレッシュレートを実現した5Gゲーミングスマートフォン「RedMagic 5」が国内発売 PC顔負けのハイスペックゲーミングスマホの実力はいかに 思ったよりも大きい箱で届いたfunglr Games というわけで、「RedMagic 5」のEclipse Blackモデルが編集部に届きました。早速開けていきましょう。 スマホが入ってるようには見えないパッケージデザインfunglr Games スマホだよね?と疑いたくなるようなパッケージ。 アーティストの限定盤CDアルバムのような雰囲気funglr Games 表面の加工もされていて、CDとかレコードのジャケットみたいです。...

『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』バージルのゲームプレイ(前編)を紹介! 「HYDE」との新コラボレーション情報も!|株式会社カプコンのプレスリリース

『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』バージルのゲームプレイ(前編)を紹介! 「HYDE」との新コラボレーション情報も!|株式会社カプコンのプレスリリース

いよいよ来週に発売が迫った『デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』。本日は2回のリリースに分けてダンテの双子の兄にして最強のライバル、バージルのゲームプレイに迫ろう。本報ではバージル独自のアクション“コンセントレイション”と、彼を象徴する武器“閻魔刀(やまと)”の情報、そして次世代機で撮影されたカットシーンのショットをお届けする。さらに本報ではオリジナル版発売時に大きな話題となった「HYDE」とのコレボレーションも紹介! 奇跡のコラボレーションが帰ってくる!バージル独自のアクション。集中力を高めた居合の奥義“コンセントレイション” 居合の術を扱うバージルは、一切の無駄を断ち、研ぎ澄まされた神速の攻撃で敵をとらえる。 走ったり、攻撃を外すといった無駄な動きを排し、立ち回りの精度が上がるほど、集中力は高まり、放つ一閃の破壊力は絶大となる。洗練された動きによる圧倒、力を求める者が至る一つの究極であろう。 画面最上部にある水色のバーが“コンセントレイション”を示す集中ゲージだ。走りや空振りを避け、的確に回避や攻撃を行う事で上昇する。ゲージのレベルは3段階あり、高レベルなほど技の性能がアップする。 秘奥義“次元斬・絶”。非常に強力であるが、発動には集中ゲージが最大レベルであることに加えて、DTゲージの上に存在するSDTゲージも消費する。   魔と人を別つ魔剣“閻魔刀”(やまと) バージルの力の源となる、日本刀形状の魔剣。父である魔剣士スパーダの形見であり、悪魔と人間を切り離す力があるようだ。居合の術との相性は抜群で、神速の斬撃は次元をも切り裂く “閻魔刀”(やまと)は集中ゲージの影響が大きなことも特徴の一つ。最大レベルであれば、威力と攻撃範囲が大きく上昇する。 閻魔刀での攻撃の要となる“次元斬”。ほとんどの攻撃からボタンを押し続けて離すことで発動する。閻魔刀が光ったタイミングで発動すると性能が強化される。 本作で新たに追加された技“時空裂閃”は神速の抜刀術で空間を切り裂き、敵を引き寄せることができる。 本作で新たに追加された技“時空裂閃”は神速の抜刀術で空間を切り裂き、敵を引き寄せることができる。 スクリーンショット集 ここからは4K解像度とレイトレーシングをONの状態で撮影された本作のスクリーンショット集を、ノンキャプションでお届けしよう。さらに美しさを増した『デビル メイ...

PS5専用コントローラーの「アダプティブトリガー」がこれまでにない驚きの体験を実現すると海外メディアが絶賛 – GIGAZINE

PS5専用コントローラーの「アダプティブトリガー」がこれまでにない驚きの体験を実現すると海外メディアが絶賛 – GIGAZINE

プレイステーション 5(PS5)専用コントローラーである「DualSense」には、弓矢を引き絞るときのような緊張感のある動作を実感できるトリガー式ボタンの「アダプティブトリガー」と、表現力豊かな「ハプティックフィードバック」が採用されています。アダプティブトリガーはハプティックフィードバックのカギになる機構とのことで、実際にDualSenseを使った海外メディア・The Vergeの記者が、その体験について語っています。The PS5’s new controller is amazing — here’s how it works - The Vergehttps://www.theverge.com/2020/11/3/21547303/sony-ps5-dualsense-adaptive-triggers-haptics-teardown-featuresThe Vergeの記者であるトム・ウォーレンさんは、「初めてDualSenseを手にした時、ハプティックフィードバックとアダプティブトリガーに完全に驚かされました。PS5にはASTRO's PLAYROOMが同梱されているのですが、このゲームはDualSenseとその機能のすべてを示すのに最適なショーケースとなっています」と記しています。ウォーレンさんによると、DualSenseのハプティックフィードバックはNintendo SwitchやXboxのコントローラーが搭載するバイブレーション機能よりもはるかに優れたものであり、「私がこれまで体験した触覚フィードバックをはるかに超えている」と語りました。以下はDualSenseのアダプティブトリガーを実現するパーツ。右のひとさし指で左右に動かされているのがR2/L2ボタン部分のアダプティブトリガーで、中ではらせん状のギアがクルクル回転していることがわかります。らせん状のギアの先っぽについているのがモーターで、このモーターに電流が流れるとトリガーの張力が変化し、さまざまな感触を実現できるようになるとのこと。なお、DualSenseを分解してアダプティブトリガーの機構を明らかにしたのはYouTubeチャンネルのTronicsFixです。テクノロジー関連のポッドキャストを配信するThe Tech...

「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」GOTY版登場&アップデート配信で,クリア済みの人も初心者も遊ぶべき!

「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」GOTY版登場&アップデート配信で,クリア済みの人も初心者も遊ぶべき!

 フロム・ソフトウェアは,PlayStation 4用アクション「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE GAME OF THE YEAR EDITION」を2020年10月29日に発売する。2019年3月に発売された「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」(以下,SEKIRO)の新パッケージで,数量限定の特装版には,「序盤攻略本」も付属する。  さらに,この発売に合わせてアップデートも行われる。発売からずいぶん経ってのアップデートだが,本作を遊びつくしたプレイヤーにも,初心者にも嬉しい内容だ。これはもう,誰であっても「SEKIROを遊ぶなら今!」と言えよう。 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE GAME OF...

オインクゲームズ,新作ボードゲーム「ヘイヨー」をゲームマーケット 2020秋で発売

オインクゲームズ,新作ボードゲーム「ヘイヨー」をゲームマーケット 2020秋で発売

ヘイヨー 配信元 オインクゲームズ 配信日 2020/11/04 <以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>新作ボードゲーム『ヘイヨー』をゲームマーケット2020秋で発売。リズムを流すデバイス同梱で、リズムに合わせてカードをつなげる協力型ゲーム。協力ルールとチーム対抗戦ルールがあり、2人から10人でプレイ可能  オインクゲームズは新作ボードゲーム『ヘイヨー』をゲームマーケット2020秋で先行発売します。 一般販売は11/27(金)開始を予定しています。 リズムを流すデバイス同梱で、 リズムに合わせてカードを出していき、 うまくカードのマークをつなげて高得点をめざす協力型ゲーム。 同じカードのセットが2デッキ入っており、 10人までのチーム対抗戦も可能です。  「ヘイヨー」はリズムに合わせてカードを出していき、 うまくカードのマークをつなげて高得点をめざす協力型ゲーム。 このゲームの特徴は、 なんといってもリズムを流すための専用のデバイスが入っていること!ボタンを押すとリズムが鳴って、 カードを出すタイミングをガイドします。 リズムに合わせてカードを出せないとペナルティがあるので、 みんなで声を出し合って手元のカードの情報を共有し、 急いで出すカードを決めなければなりません。...

Page 2641 of 2947 1 2,640 2,641 2,642 2,947
  • Trending
  • Comments
  • Latest

Recommended