Bitsummit

Bitsummit

ソニーがPS5発売、初年度760万台超達成なるか-年末商戦が鍵に – Bloomberg

ソニーがPS5発売、初年度760万台超達成なるか-年末商戦が鍵に – Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。ソニーは12日、新型ゲーム機「プレイステーション(PS)5」を発売した。マイクロソフトの「Xbox」新型機や「あつまれどうぶつの森」人気で好調な任天堂の「スイッチ」との競争激化が予想される中、年末商戦を含む初年度販売の勢いが今後の収益の鍵を握る。   ソニーの十時裕樹最高財務責任者(CFO)は10月28日の決算説明会で、今期(2021年3月期)のPS5の販売台数はPS4の初年度実績である760万台以上の達成を目指すと述べた。PS5は視覚や聴覚、触覚でより没入感のあるゲームが楽しめるのが特長。PS4のソフトも継続して遊べる。   PS5の公式ブログによると、発売日は予約分で完売した。通信販売サイトでは在庫切れが相次ぐほか、フリマサイトでは定価の数倍での取引が目立つなどすでに人気化の兆しがある。ソニーは10日、ブログに「徹底解説!」を掲載した。  ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)の若杉政寛アナリストは、「発売2年目以降にハードウエアコスト割れの状況を脱し、利益拡大のフェーズに入る」とみている。出荷760万台の前提で、有料会員数と1人当たりダウンロード本数が約13%増加すれば、粗利段階の赤字カバーも可能だと分析する。  ソニーは今期のゲーム事業の営業利益について、新型コロナウイルス感染拡大に伴う巣ごもり需要を追い風に、前期比26%増の3000億円と見込む。半導体事業が7割近くの減益予想となる中で業績上方修正の要因となった。今後はPS4から収益をいかにPS5へと移行できるかどうかが課題となる。  UBS証券の福山健司アナリストは、「マージンの高いアドオンコンテンツや有料会員向けサービス」の動向に注目。大和証券の鈴木崇生アナリストは黒字化の時期は「ソフトのラインナップ次第だが、市場は不安視していない」と述べた。BIの若杉氏は「PS5のサイクルピーク時には過去のピーク利益を上回る」公算があるとみている。年末商戦  ソニーにとって年末商戦は、PS4の初年度販売を超えられるかどうかの布石となる。10日に発売したばかりで価格帯もPS5と同等のマイクロソフトXboxや、発売から3年半を経過しても任天堂の利益を押し上げているスイッチと激突する。スマートフォン向けアプリやパソコンで遊べるオンラインゲームも競争相手だ。 価格(税抜き)主なソフト有料会員サービス(税込)PS5ディスクドライブあり4万9980円/なし3万9980円スパイダーマン:マイルズ・モラレス/デモンズソウルPSプラス(月額850円など)XboxシリーズX4万9980円/シリーズS2万9980円ウォッチドッグス レギオンXboxゲームパス(月額850円)スイッチスイッチ2万9980円/スイッチライト1万9980円マリオカート ライブ ホームサーキット/ピクミン3スイッチオンライン(月額306円など)  ソニーはPS4でも人気の「スパイダーマン」最新作などのソフトで切り込む。任天堂はスーパーマリオシリーズの最新作などで需要の上積みを狙う。マイクロソフトはXboxを持たずにパソコンやスマートフォンで遊べるクラウド型のゲーム配信にも注力している。   BIの若杉氏はソニーが年末商戦でPS5販売を成功させるには有力ソフトで引き付け、ユーザーが求めるだけの「ハードウエアをいかに供給できるか」が重要になると分析する。大和証の鈴木氏は任天堂はスイッチ販売、Xboxは有料会員の拡大などそれぞれ「自社計画の達成」を重視した取り組みを強化するとみている。  ソニーの株価は12日、一時前日比1.9%高の9215円と続伸し、01年半ば以来約19年ぶりの高値水準で取引されている。(ソニーの株価動向を追加しました) 著者: " -- "

「Bless Unleashed」オンラインメディアショーケースでゲーム詳細やサービス日程が公開! OnlineGamer

「Bless Unleashed」オンラインメディアショーケースでゲーム詳細やサービス日程が公開! OnlineGamer

「Bless Unleashed(ブレス アンリーシュド)」は、日本でもサービスが行われていたMMORPG「BLESS」の世界観を引き継いだタイトルで、2020年3月に北米・ヨーロッパ向けにXbox One版としてリリースされた。そして、本作のPC版が2021年上半期にリリースされることも発表されている。 本日配信されたオンラインShowCaseでは、そんなPC版「Bless Unleashed」のゲーム概要や、今後のサービスに向けたクローズドβテストの実施スケジュールなどが発表。ここでは、ここで発表された情報を中心にお届けしていこう。 まずは、本作の特徴が3つのポイントから紹介された。まず一つ目が、「美しく壮大なオープンワールド」。「Bless Unleashed」は、Unreal Engine 4で描かれる世界を冒険し他のプレイヤーと協力しながらMMORPGを楽しむことができる。フィールドにはボスが存在し、討伐することで報酬を獲得することができる。 2つめの特徴が「直観的かつ爽快感のあるアクション」。コンボの組み合わせやQTE(Quick Time Event)を通じた攻撃、「ブレッシング」という独自システムを通じて、手軽にアクション要素が楽しめるようになっている。プレイヤーが自身で敵の行動を予測して、回避などを行えるアクション性に重点を置いて開発を行ったそうだ。 3つめが、「ユニオン」という組織だ。ユニオンは本作の世界に登場する大きな集団で、プレイヤーはユニオンに所属することで、PvEやPvP、製作などで恩恵を受けることができる。今後はユニオンのアップデートも実施予定で、ユニオン間での協力や競争を促すコンテンツが追加される。 本作は以前サービスが行われていた「BLESS」と世界観感を共有こそしているが、ゲーム設計はまったく異なるものになっているという。その中でも開発チームが最も強調していたのが、アクション要素だった。本作ではノンターゲティングアクションをベースに、多様なコンボを駆使できるような成長要素が組み込まれている。また、MMORPGという特性上、常に同じコンボを使い続けることで飽きがこないよう、同じクラスでも様々なスキルセットを選ぶことが可能だ。 開発チームがアクション要素において、プレイアブルキャラと同等に重要だと感じているのが敵モンスターの存在だという。本作に登場するモンスターは同じパターンを繰り返すものではなく、モンスターの状態によってQTEイベントが発生し、プレイヤーの退屈間を解消する。 これらの要素によって「Bless Unleashed」は、MMORPGでありながらコンソールゲームのようなどっしりとしたアクションが楽しめるタイトルになっているそうだ。 続いて本作の運営方法や今後のスケジュールが公開された。「Bless Unleashed」は、自社サイトおよびSteamにて全世界でサービスを展開予定だ。異なる2つのプラットフォームでサービスが展開されるが、ゲームサーバーは共通で全世界のプレイヤーが一緒にゲームを楽しむことが可能だという。サーバーはSteamではNA、EU、ASIAサーバー、自社サイトではNA、EU、ASIAを含めたKRとJPサーバーが存在する。...

ASCII.jp:シャープの6.7型スマホ「AQUOS sense4 plus」、11月下旬以降に楽天モバイルから発売

ASCII.jp:シャープの6.7型スマホ「AQUOS sense4 plus」、11月下旬以降に楽天モバイルから発売

AQUOS senseシリーズとしては初めて90Hzのリフレッシュレートに対応 2020年11月10日 18時10分更新 文● ASCII AQUOS sense4 plus  シャープは11月10日、約6.7型ディスプレーを搭載するスマホ「AQUOS sense4 plus」を発売すると発表した。楽天モバイルから11月下旬以降に発売する。  ディスプレーの解像度はフルHD+(2400×1080ドット)。液晶テレビ「AQUOS」で培ったという高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」を備え、明るく鮮やかな映像を表示するとのこと。高出力のステレオスピーカーも搭載し、動画やゲームを大音量かつクリアな音質で楽しめるという。 カラバリは3色展開。左からパープル、ホワイト、ブラック  また、AQUOS senseシリーズとしては初めて90Hzのリフレッシュレートに対応する。タッチは120Hzで検知し、残像の少ないなめらかな表示と機敏なレスポンスにより、動きの激しいゲームも心地よくプレーできるとのこと。そのほか、ゲームプレー中は通知を表示しない機能などのゲーミングメニューも備える。  CPUはSnapdragon 720G mobile platform、メモリーはRAMが8GB、ROMが128GB、OSはAndroid...

「ウォッチドッグス レギオン」のPS5版ダウンロード版が本日発売! –

「ウォッチドッグス レギオン」のPS5版ダウンロード版が本日発売! –

「ウォッチドッグス レギオン」  本作では、プレーヤーは街中で出会う誰でも仲間に加え、操作することができる。各キャラクターには、それぞれのバックストーリーや個性、スキルが設定されており、プレイスタイルに合わせてレジスタンスメンバーをカスタマイズすることが可能。オープンワールドで再現されたロンドン内のインフラやテクノロジーを駆使しながら敵を排除して、ロンドンを奪還しよう。  ディストピアと化したロンドンを舞台に繰り広げられる追跡劇の様子を、エミー賞を受賞したアルベルト・ミエルゴ氏が製作したシネマティックトレーラーも公開されている。 【【吹替版】「ウォッチドッグス レギオン」ティッピングポイント シネマティックトレーラー】  自分のキャラクターをオンラインに持ち込めば、フレンドと共にロンドン奪還を目指し、4人協力ミッション、エンドゲームチャレンジ、デイリーイベントに挑むことも可能。  MI6エージェントから屈強なベアナックル・ボクサー、凄腕ハッカー、違法ストリートレーサー、サッカーの若手スター選手、どこにでもいそうな老婆まで、街で出会う全てのキャラクターをチームに加えることができる。 戦い方はプレーヤー次第  ゲームには新たな近接攻撃システムと豊富な武器やアビリティが用意されており、戦闘の展開はアプローチによって大きく変化していく。プレーヤー側が命を奪わない戦い方を選択すると、敵側も鎮圧・逮捕を狙った行動を取る。逆に銃で襲いかかると、敵側の攻撃でキャラクターが命を落として永久に使えなくなるリスクを背負うことになる。戦い方はプレーヤー次第となっている。  自分のチームをオンラインに持ち込めば、最大3人のフレンドと協力プレイもできる。一緒に探索を行ない、新たな協力ミッションや高難度のエンドゲームコンテンツに挑戦しよう。 ゴールドエディション  「ウォッチドッグス レギオン」ゲーム本編にシーズンパスが付属。 【シーズンパス】  2つのエピソードを含む拡張パック1つ、追加のミッション、4人のヒーロー、オリジナルの「ウォッチドッグス コンプリートエディション」が含まれる。 アルティメットエディション  「ウォッチドッグス...

【西田宗千佳のRandomTracking】プレイステーション5、知ってると得する「AV関連機能」15の秘密 – AV Watch

【西田宗千佳のRandomTracking】プレイステーション5、知ってると得する「AV関連機能」15の秘密 – AV Watch

11月12日発売の「PlayStation 5」 PlayStation 5関連、発売直前最後の記事は、「AV関連機能」だ。 既に実機レポートはお送りしているが、発売前で全てのサービスが提供されていなかった関係もあって、PlayStation Network(PSN)に絡むストア機能や、有料サービス「PlayStation Plus」の機能、そして、オーディオビジュアル系の機能をまとめた「メディア」については、映像などの公開が認められていなかった。 しかし、発売を迎えた今、こうした部分も公開が可能になった。 そこでここでは、まだあまり紹介されていないPS5のAV関連機能を中心に、15個の秘密を明かしていこうと思う。 秘密その2:「Apple TV」が登場 PS5からの新要素として、アップルの映像配信を利用するアプリが登場した。アップル経由で購入・レンタルした映像作品の視聴が可能なほか、サブスクリプション・サービスである「Apple TV+」も利用できる。 Apple TVアプリが登場。今年からテレビ各社へのアプリ供給が始まったが、それと同じ流れで、PS5でも、iTunes Storeで借りた映画などが見られるようになったiPhoneなどからアカウントを連携することでセットアップする秘密その3:メディアリモコンで操作すると…… PS5の周辺機器として「メディアリモコン」が用意されている。この種のリモコンはPS2の時代からあったものなのだが、ディスク再生などのときに「ちょっと使う」くらいのものだった。実のところ、純正のコントローラーよりも優れたところがそれほど多いわけではなかった。 PS5と同時発売の「メディアリモコン」。実は今回、ちょっとしたUI上の秘密が…… だが、PS5のメディアリモコンにはちょっとした秘密がある。 実は、メディアリモコンで操作すると、PS5側は自動的に「メディア」を表示するのだ。逆にコントローラーであるDualSenseを操作すると「ゲーム」側を表示する。...

PS4でPS5が動く! 突如公開されたPS4の新アプリ「PS5 Remote Play」をさっそく試してみた –

PS4でPS5が動く! 突如公開されたPS4の新アプリ「PS5 Remote Play」をさっそく試してみた –

 11月9日、プレイステーション 4に「PS5 Remote Play」が新たに追加された。  「PS5 Remote Play」は、PS4からPS5を動かすためのリモートプレイ用アプリ。起動すると、ネットワーク上にあり、PS4と同一のPSNアカウントが登録されているPS5に接続できる。 PS4に登場した「PS5 Remote Play」  GAME Watch編集部にはレビュー用に使用したPS5があるため、さっそく試すことにした。結論から言うと、リモートプレイによってPS4でPS5を動かせた。  PS4は今筆者がいる自宅にあり、PS5は編集部にある。つまりネットワークを介してのプレイ環境である。編集部のスタッフに手伝ってもらいながら、あらかじめPS5側の設定で「リモートプレイを有効にする」をオンにしてもらい、本アプリを起動して接続。接続が完了すると、リモートプレイがスタートする。  今回は「Marvel's Spider-Man: Miles Morales」を動かしてみたのだが、直接PS5でプレイするときよりも若干のラグを感じるものの、概ねプレイは良好だ。よりタイミングがシビアな場面を想像するとやや不安にも思うが、新人スパイダーマンの活躍を体験するにはひとまずは十分と言えるだろう。なお、リモートプレイ時は画面上部に「リモートプレイ接続されました。」との表示が出る。 「Marvel's Spider-Man: Miles...

【海外版・11/4~11/10 IR記事まとめ】ネバダ州もバイデン氏勝利か、カジノオペレーター四半期報告続く (1/2) | JaIR -日本型IRビジネスレポート-

【海外版・11/4~11/10 IR記事まとめ】ネバダ州もバイデン氏勝利か、カジノオペレーター四半期報告続く (1/2) | JaIR -日本型IRビジネスレポート-

 JaIRがお届けする海外版・IRニュースまとめでは1週間分の海外のIR関連記事をまとめ、毎週お届けしています(掲出日は現地時間)。今回は11月4日(水)~11月10日(火)までのIR関連記事。出典サイトは記事の文末にまとめて記載していますが、各社のSNSも情報ソースとしています。なお、1ドル=104円~105円、1マカオパタカ=13円換算です。2020年11月10日(火)   【ラスベガス】ネバダ州ゲーミング管理局の新議長が就任New Nevada Gaming Control Board chairman appointed https://www.reviewjournal.com/business/casinos-gaming/new-nevada-gaming-control-board-chairman-appointed-2180888/   スティーブ・シソラック知事は、ネバダ州ゲーミング管理局(ネバダ・ゲーミング・コントロール・ボード)議長にジェイ・ブリン・ギブソン氏を任命した。同氏は、シソラック氏の顧問弁護士を2019年1月から2020年1月まで勤めていた人物である。   シソラック氏はブリン氏について「ゲーミング部門のチーフとしての経験を含め、高度な規制を必要とするゲーミング業界において幅広い経歴と専門知識を持っている、この役職に最適な人物であると言えます」とコメントした。   前任のモーガン氏は取締役会の会長と執行役員を退任しており、翌日にはフロリダ州ジャクソンビルに拠点を置くフィデリティ・ナショナル・ファイナンシャル社(全米ホッケーリーグに参入しているラスベガス・ゴールデンナイツの主要オーナー)の取締役会に参加することが発表された。     【ラスベガス】メックオークション(車販売ショー) 12日にラスベガス・コンベンションセンターで開催Mecum Auctions...

海外レビューハイスコア『アサシン クリード ヴァルハラ』―今年最高のオープンワールドRPGという声も | Game*Spark

海外レビューハイスコア『アサシン クリード ヴァルハラ』―今年最高のオープンワールドRPGという声も | Game*Spark

●GamingTrend: 100/100(PC)本作は今年最高のオープンワールドRPGだ。カラフルな舞台は探索していて楽しいし、バトルとステルスも奥深くやりがいがあり、ヴァイキングとしてやることもたくさんある。●Daily Star: 100/100(PS4)●AusGamers: 98/100(XSX)●Attack of the Fanboy 90/100(XB1)本作では過去作である『オリジンズ』と『オデッセイ』に登場したあらゆるシステムが登場し、よりフォーカスされた体験のために合理化されている。いくつか欠点もあり、バトルは相変わらず微妙だが、本作は最近のシリーズ作品の中でも初心者に優しい。オノと盾を手にとり、ヴァイキングになろう!●JeuxActu: 85/100(XSX)本作は『オリジンズ』ほど革新的ではないが、新しいコンテンツや、アサシンブレードによるインスタントキルの復活は歓迎だ。歴史的な要素も、完全なるフィクションである『ゴッド・オブ・ウォー』のようなタイトルとの差別化を実現していて良い。全体的にみて、素晴らしいタイトルだ。●Guardian: 80/100(PS4)●CGMagazine: 70/100(PC)本作は『オデッセイ』での間違いの多くを正した良いゲームだ。シリーズ恒例の要素も面白く改善されている。●Destructoid: 65/100(XB1)●GamePro Germany: 65/100(XSX)●Game Revolution: 50/100(PS4)ヴァイキングという設定は良いスタートポイントかもしれないが、本作は焦点が定まっておらず、よくわからないほど肥大化してしまっている。結果、ノルウェーを舞台としたシリーズ作品としては退屈で平凡なものになってしまった。PC/PS4/Xbox One/Xbox Series X|S版が発売中で、PS5版が11月12日に発売される予定の『アサシン クリード ヴァルハラ』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、PC版が85点(総レビュー数18件)、PS4版が81点(総レビュー数36件)、Xbox One版が82点(総レビュー数12件)、Xbox Series X|S版が85点(総レビュー数27件)をマークしています。『アサシン クリード ヴァルハラ』は、オープンワールド暗殺アクションシリーズ最新作。本作の主人公は北欧のヴァイキング「エイヴォル」で、戦士団を率いてイングランドを目指します。メディアレビューでは、「今年最高のオープンワールドRPG」「過去作の悪い部分が改善されている」といった声があり、安心して遊べるスケールの大きな作品と言えそうです。『アサシン クリード ヴァルハラ』は、PC/PS4/Xbox One/Xbox...

Page 2611 of 2947 1 2,610 2,611 2,612 2,947
  • Trending
  • Comments
  • Latest

Recommended