Bitsummit

Bitsummit

【Hothotレビュー】iPhone 12と12 Proの使用感をチェック。Huawei/Galaxyとカメラ性能も比較してみた – PC Watch

【Hothotレビュー】iPhone 12と12 Proの使用感をチェック。Huawei/Galaxyとカメラ性能も比較してみた – PC Watch

Apple「iPhone 12 Pro」(左、税別10万6,800円~)、「iPhone 12」(右、税別8万5,800円~)  AppleはiPhone 12シリーズ4機種を10月13日に発表した。6.1型の「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」は10月23日に販売開始。5.4型の「iPhone 12 mini」と6.7型の「iPhone 12 Pro Max」は11月6日に予約を開始し、11月13日に販売を開始する予定だ。  今回は「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」の製品版を借用した。記事執筆時点(10月28日)では「iPhone 12 mini」、「iPhone...

PS5が手に入らない人のためのゲーム『PS5 Simulator』が作られる。開封から起動までのもどかしさを、なんと無料で体験 |

PS5が手に入らない人のためのゲーム『PS5 Simulator』が作られる。開封から起動までのもどかしさを、なんと無料で体験 |

今月11月12日に発売されたPlayStation 5(PS5)。パワフルなGPUや超高速SSD、触感まで味わえるDualSenseなど、Xbox Series X|Sと並ぶ次世代機として期待を集めながらリリースされた。しかし、同ハードを欲しがるすべての人に行き渡っているわけではなく、全世界で深刻な品薄が発生している。数多のインフルエンサーがYouTube上に投稿する開封動画に、羨ましさともどかしさを感じるユーザーもいるだろう。そんな人々のために、仮想世界でPS5を楽しむゲーム『PS5 Simulator』を作り出したクリエイターがいたようだ。 『PS5 Simulator』は、PS5を入手し起動するまでの高揚感を描くシミュレーションゲームだ。本作の主人公は、PS5を購入しウキウキのとあるプレイヤー。開封から起動、そしてプレイまでの一連の流れを体験することになる。玄関にてピンポンが鳴るところからゲームは開始。扉の前には、ダンボールに包装された箱が届いている。念願の次世代機がやってきたのだ。本作は一人称視点で展開され、物を持ち上げたり壊したり、つないだりすることができる。 まずはダンボールを居間まで移動させ、鋭利なものを使って開封。PS5が登場だ。しかしそのままでは当然ゲーム機は動かない。延長ケーブルを伸ばして電源を挿し、HDMIケーブルを接続。するとゲーム機が起動する。次にゲームコントローラーが届くが、それはPS5にて動くものではなく……。 本作では、PS5入手から起動をめぐるもどかしい体験が描かれている。コントローラー間違い、接続エラーによる無線ルーターの再起動、SSDが速すぎるあまり生まれる弊害など、次世代機の特徴をコミカルに捉えている。無味乾燥なナレーションと共に、歯がゆい体験が楽しめる。1プレイ15分あれば終わるが、一発ネタにしてはかなりよくできている印象だ。 本作を手がけたのは、ゲーム開発者のAlex Grade氏。現在Steam向けに『Ardein.Arise』を制作中のデベロッパーだ。同氏もまたPS5を欲しがっているものの、手に入らない人物のひとり。品不足というよりも、現在買う余裕がないのだという(Polygon)。一方でPS5を欲する気持ちが強く、「自分がPS5を持っているところを想像するゲーム」を作り出したとのこと。 どのように制作されたのかというと、『PS5 Simulator』にはさまざまなストアアセットが使用されている。ゲーム内に登場する家やPS5本体やDUALSHOCK 4、そして数々の家具はSketchfabなどで配信されているアセットによって表現。高品質なユーザー作成コンテンツとUnreal Engine 4の組み合わせによって、リアルでシュールな開封体験が再現されているわけだ。PS5に関係なく家を好き放題荒らし回れる、シミュレーターおなじみの要素も実装されている。制作期間は1週間だという。 コミカルな開封体験はできるものの、あくまでバーチャルなものである。開発者自身もゲーム内で「自分で本物のPS5とかXbox Seriesを買ったほうがいいよ、多分いいコンソールだし」と語っているように、当然ではあるが、本物の購入体験には及ばない。本体を入手するのがベストなのはいうまでもない。とはいえ、今本体を入手できずフラストレーションを溜めている方は、本作にて束の間の気晴らしをしてみるのもありだろう。 『PS5 Simulator』は、itch.ioにて無料配布中だ。...

ギリシャ神話とアハ体験の旅!「イモータルズ フィニクス ライジング」ハンズオンレポート –

ギリシャ神話とアハ体験の旅!「イモータルズ フィニクス ライジング」ハンズオンレポート –

 ユービーアイソフトは、プレイステーション 4/プレイステーション 5/Xbox One/Xbox Series X/Nintendo Switch/PC用オープンワールドアクションRPG「イモータルズ フィニクス ライジング」を12月3日に発売する。  本作は「アサシン クリード オデッセイ」を手掛けたチームが開発する新しいIPのオープンワールドアクションだ。ギリシャ神話をベースにしており、登場人物も「ゼウス」や「ヘルメス」といった神々が登場する。だが重苦しい雰囲気はなく、むしろ少しコミカルですらある。神々の冗談のかけあいもあるし、カートゥーン調で描かれた世界は優しさもある。ビジュアルやストーリー面は非常にキャッチーな作品だ。  一方でボリュームたっぷりのオープンワールドや、爽快感のあるバトル、そして骨太なパズルはコアゲーマーをも唸らせる作り込みである。  弊誌では先行プレイレポート(参考)をお届けしているが、今回は前回とは異なるバージョンをプレイできた。今回のプレイで明らかになった部分を中心に、改めて本作の魅力をお伝えしていきたい。 【『イモータルズ フィニクス ライジング』ストーリートレーラー】神が語る主人公の物語はベースはシリアス時々コメディの起伏に富んだストーリー  本作では主人公「フィニクス」が囚われた神々を救っていく物語が描かれる。「フィニクス」が歩む旅路は困難だが、時にクスッと笑ってしまうようなユーモアもある。主人公である「フィニクス」はクエストを進めながらゲームを進めていく。ゲームにはストーリーを動かすメインクエストと、副次的な目的のサブクエストがある。今回はゲーム開始時からメインクエストを中心にプレイした。  メインクエストは本作の物語を動かしていくクエストだ。神々が囚われてしまった理由、そして「フィニクス」が漂流しこの島にたどり着き、運命に導かれていく様が描かれる。こう書くと重々しいが神々のトークのノリは軽やかで、肩の力を抜いてゲームを楽しめる。 ゲーム序盤はギリシャの神「ゼウス」と「プロメテウス」の掛け合いで話が進んでいく。大筋はシリアスなのだが、ところどころにユーモアが差し込まれており、飽きさせない「ゼウス」のツッコミが見られる稀有なゲームである...

豊富な育成メニューをオート戦闘でカジュアルに楽しめる!放置系RPGの王道「デスナイトくん」レビュー|ゲーム情報サイト Gamer

豊富な育成メニューをオート戦闘でカジュアルに楽しめる!放置系RPGの王道「デスナイトくん」レビュー|ゲーム情報サイト Gamer

「デスナイトくん」は、カートゥーン調のビジュアルで描かれた放置系RPG。主人公は、タイトルにもなっているデスナイトくん。キュートさとカッコよさを併せ持った彼を成長させていくのがプレイヤーの目的だ。ゲームシステム的には放置系RPGの王道路線。利便性の高さと育成の豊富さを重視して作られている。 仕事の合間にゲームが進む!オート育成の利便性と楽しさ 本作のバトルは完全オート。放置系RPGのオート機能とひとことで言っても、「仲間の攻撃はオートだが、主人公の通常攻撃はタップが必要」だとか、「スキル発動はタップが必要」など、部分的に手動操作が必要となる作品も多い。しかし本作は完全オート。プレイヤーは画面をタップする必要すらない。見ているだけでOK。 なので、仕事中や勉強中、アプリを起動しっぱなしで放置しておけば自動的にゴールドが貯まっていく。休憩など、スマホを操作可能な状況になったら育成をすればいい。非常に快適に、カジュアルにプレイできる。 「ゲームをプレイするならガッツリ没入したい!」という人だと、「こうした放置系RPGのどこがおもしろいのか?」と疑問に思うかもしれない。ただ、放置系ゲームは別名「育成ゲーム」とも言われるように、おもしろさはバトル部分より育成部分に置かれている。放っておくと成長に必要な資源が貯まっているので、資源を使ってパワーアップさせていく…この部分がおもしろい。 筆者は普段、プライベートで遊ぶのはコンシューマー向けのホラーゲームや対戦ゲーム。つまり、ガチゲーマー向けのゲームだ。けど、本作のような放置系RPGも並行してプレイしている。ではどんな部分に魅力を感じているのかといえば、アプリを起動したタイミングだろう。放置系RPGはアプリを起動していない状況でもゴールド稼ぎが行われていて、起動時に獲得できるという仕組みになっている。 もちろん、本作も同様だ。アプリを起動したらゴールドがたくさん貯まっていて、キャラをアレコレ成長できる…というのが非常に楽しい。なんというか、ペットとの生活の楽しさに近い。勤務中は会えないが、家に帰ってくると甘えてくれて、気づくと体が大きくなっている…。そんな楽しさ。…これぞまさに、育成の楽しさと言えるだろう。そして育成がメインだからこそ、オート機能が整っていることが魅力になるのだ。 豊富な育成メニュー!カウルームダンジョンとスキル育成が楽しい 育成がメインと書いた通り、本作は育成メニューの方は非常に充実している。まず、ゲーム中獲得できるゴールドを使った育成。ゴールドは主に、主人公のレベルアップと「クエスト」のレベルアップへ使うことになる。主人公をレベルアップすれば戦闘能力がアップ。より強い敵を倒せるようになる。一方、「クエスト」は時間経過とともに、自動的にゴールドが貯まっていくという機能。「クエスト」のレベルをアップすれば、ゴールドの増えるスピードがアップ。主人公のレベルと「クエスト」のレベル、どちらにゴールドを振り分ければより効率的か…というのがひとつの悩みどころだ。 また、主人公の戦闘能力は「装備」や「遺物」といったアイテムによっても向上できる。「装備」は主にガチャなどから獲得でき、「強化石」を使うことでレベルアップが可能。「遺物」は「アメジスト」と交換で獲得できるアイテムで、戦闘能力のみならず、ゴールドの獲得数をアップさせるなど、全般的なバフ効果を持っている。 こうやって育成した主人公の実力を確認する場所として用意されているのが、ボスバトルとカウルームダンジョン。ボス、9体の敵を倒すと10体目として出現する強敵。一般の敵とは異なり、制限時間ゲージを持っており、この時間内に倒せなければならない。といっても、ゲームオーバーになるわけではなく、ボス挑戦前のザコ戦を繰り返すことになる。 筆者が個人的に楽しさを感じたのは、カウルームダンジョン。コンテンツメニューから挑戦できるダンジョンで、「カウ」というモンスターが出現。制限時間内にこのモンスターをどれだけ倒せるか…というのがダンジョンの目的。カウ=牛という名の通り、牛型のモンスターだ。牛だけに、倒すとミルクを獲得できる。このミルクを使うと、主人公は「スキル」が習得できるだけでなく、「強化」や「進化」といった育成が可能。「強化」や「進化」はレベルアップとは別軸で主人公の戦闘能力を向上させる機能だ。 このカウルームダンジョン、何がおもしろいのかというと、先ほど書いた制限時間要素だ。制限時間内に多くのカウを倒せば、それだけ多くのミルクが獲得できる。そのためには、より高い攻撃力と攻撃スピード、移動スピードといった能力が必要。そしてこれらの能力を底上げしてくれるのが、ミルクで習得可能な「スキル」という構造になっている。 こうした構造上、カウルームダンジョンはメイン要素と比べて「攻略」の比重が強い。どう攻略するためにどう育成するのか?…という観点でプレイできるのだ。もちろん、一般的なRPGと比べるとカジュアルなものに調整されている。けど、スキマ時間に攻略の楽しさを味わう分にはちょうどいい塩梅だと感じた。 放置系RPGの王道を正当進化させた作品 最後に本作の内容をまとめると、放置系RPGの王道に従って、正統派の進化を遂げた作品といえるだろう。放置系RPGの王道なので、斬新な機能はない。しかし、ちょっとした時間でカジュアル、かつ便利にプレイできるという点や、豊富なメニューによって育成の楽しさを深く味わえるという点は進化を遂げている。王道なだけあってメニューなどもわかりやすくまとまっており、ゲーム内容をスピーディーに理解できるという点もイイ。他の大型ゲームのおともや、ちょっとしたスキマ時間の相棒といった形でプレイするなら、オススメできる作品だ。 著者: " -- ...

クラシエ 子どもとおかしのアンケート Vol.19 新型コロナウイルス影響下における米国・中国・日本の家族間コミュニケーションに関する意識調査

クラシエ 子どもとおかしのアンケート Vol.19 新型コロナウイルス影響下における米国・中国・日本の家族間コミュニケーションに関する意識調査

プレスリリース配信元:クラシエフーズ米国・中国では小学校のオンライン授業実施率が9割!中国では塾や通信授業にも積極的に参加クラシエフーズでは、「ねるねるねるね」をはじめとする知育菓子(R)を「子どもたちが、作りながら、遊びながら、楽しみながら自然と成長に必要な力が身についていくお菓子」として販売しています。今回、クラシエフーズでは、米国、中国、日本の小学1年生から3年生までの子どもとその母親を対象に、「クラシエ 子どもとおかしのアンケート」第19弾として、「新型コロナウイルスの影響下における米国・中国・日本の家族間コミュニケーションに関する意識調査」を実施しました。■主な調査結果:I.コロナの影響で登校できない期間、米国は「6ヵ月以上」が全体の2割と、中国・日本に比べて長引いた傾向。米国・中国での小学校のオンライン授業実施率は9割にのぼる!登校していない間の勉強方法、米国・中国は「小学校のオンライン授業や課題」が最多。中国はそのほか、「塾のオンライン授業や課題」「通信授業への参加」など多岐にわたる。日本は「小学校の課題や市販の教材」。II.ステイホーム期間中に新しく手作りで始めたこと、米国・中国は「手芸」、日本は「お菓子作り」。ステイホーム期間中に家族で始めたこと、「お菓子作り」「運動」「ボードゲーム/カードゲーム」が多数。「夏祭りごっこ」「片づけゲーム」「学校ごっこ」など独自の遊びを見つける家族も。III.子どもがステイホーム中に頑張ったこと、米国は「お手伝い」、中国は「勉強」、日本は「規則正しい生活」。ステイホーム中の家族の良い変化として、各国の6割以上が「家族と過ごす時間が増えた」と回答。IV.子どもがコロナ収束後家族とやりたいこと、米国・中国は「公園で遊ぶ」、日本は「旅行に行く」。■調査の概要:・調査方法:インターネット調査・対象エリア:米国、中国、日本・調査対象:小学1年生から3年生までの子どもとその母親・サンプル数:米国人の子どもと母親(米国在住)100組/中国人の子どもと母親(中国在住)100組/日本人の子どもと母親(日本在住)400組・調査実施期間: 日本:2020年9月24日~9月25日/米国・中国:2020年9月24日~30日・調査実施機関:株式会社ネオマーケティング■調査結果サマリー:I.コロナ禍における登校状況とオンライン授業の実施についてI-1. コロナの影響で登校できない期間、米国は「6ヵ月以上」が全体の2割と、中国・日本に比べて長引いた傾向。米国・中国での小学校のオンライン授業実施率は9割にのぼる!米国、中国、日本の母親に対して、新型コロナウイルスの影響で子どもが学校に登校できなかった期間を尋ねた。米国では「6ヵ月以上」と回答した人が20.0%、「約5ヵ月間」が16.0%だったのに対し、中国では「約3ヵ月」が27.0%、「約2ヵ月」が20.0%、日本では「約3ヵ月」が38.5%、「約2ヵ月」が36.8%と、米国では中国・日本より登校できない期間が長かったことがうかがえる結果となった。また、学校に登校できない期間、オンライン授業が行われていたかを尋ねたところ、米国・中国では90.0%が「オンライン授業が行われた」と回答した一方、日本では15.5%にとどまった。米国は登校できない期間が長かったものの、オンラインでの授業でのフォローアップが行われていたことが分かった。I-2. 登校していない間の勉強方法、米国は「小学校のオンライン授業や課題」、中国は「小学校のオンライン授業や課題」のほか、「塾のオンライン授業や課題」「小学校や塾以外の通信・オンライン授業への参加」など、多岐にわたる。日本は「小学校の課題や市販の教材」。新型コロナウイルスの影響で子どもが学校に登校できなかった期間、子どもはどのように勉強していたかを尋ねた。米国では、「小学校のオンライン授業に参加」(77.9%)と回答した人が最も多く、次いで「小学校で配布される課題を行った」が36.8%だった。中国では、「小学校のオンライン授業に参加」(80.2%)が最も多く、次いで「小学校で配布される課題を行った」が70.8%だった。また、「塾でのオンライン授業に参加」(46.9%)、「小学校や塾以外での通信・オンライン教育に参加」(40.6%)、「塾で配布される課題を行った」(33.3%)など、多くの子どもが小学校以外でも勉強していることが分かった。日本では、「小学校で配布される課題を行った」(81.7%)と回答した人が最も多く、約半数は「市販の教材で勉強した」(44.8%)と回答した。II.ステイホーム期間中に始めたことについてII-1.ステイホーム期間中、子どもがすることが増えたのは、米国は「ゲーム」、中国は「勉強」、日本は「テレビ視聴」。各国のコロナ禍における子どもの動向が明らかに。子どもがステイホームの期間中、家で何をして過ごすことが多くなったかを尋ねた。米国では、「ゲームをする」(73.0%)と回答した人が最も多く、以下、「テレビを観る」(63.0%)、「YouTubeを観る」「絵を描く」(51.0%)と続いた。中国では、「勉強する」(71.0%)が最も多く、以下、「ゲームをする」「アニメを観る」(68.0%)と続いた。日本では、「テレビを観る」(72.8%)が最も多く、以下、「ゲームをする」(65.8%)、「勉強する」(60.8%)と続いた。II-2. ステイホーム期間中に新しく手作りで始めたこと、米国・中国は「手芸」、日本は「お菓子作り」。子どもがステイホーム期間中に新しく手作りで始めたことについて尋ねた。米国では68.0%、中国では94.0%、日本では47.5%が「新しく手作りで始めたことがある」と回答した。さらに、何を始めたかを尋ねたところ、米国は「手芸」(38.2%)と回答した人が最も多く、以下、「料理」(35.3%)、「お菓子作り」(30.9%)と続いた。中国は「手芸」(62.8%)が最も多く、以下、「小物の工作」(60.6%)、「おもちゃ作り」(44.7%)と続いた。日本は「お菓子作り」(39.5%)が最も多く、以下、「料理」(37.9%)、「小物の工作」(22.1%)と続いた。II-3. ステイホーム期間中に家族で始めたこと、「お菓子作り」「運動」「ボードゲーム/カードゲーム」が多数。「夏祭りごっこ」「片づけゲーム」「学校ごっこ」など独自の遊びを見つける家族も。日本の母親に対して、ステイホーム期間中に家族で新しく挑戦したことや遊びについて、フリーアンサーで回答してもらった。「お菓子作り」「運動」「ボードゲーム/カードゲーム」などの回答が多く、家族みんなで楽しむ姿がうかがえる回答があった。さらに細かく回答をみると、「運動」では「子どもが苦手だった縄跳びに挑戦した」「YouTubeを観ながら家族みんなで自宅トレーニングをした」、「ボードゲーム/カードゲーム」では、「テレビゲームやスマホゲームを子どもも親もやりがちだったが、アナログなゲームをみんなで楽しむようになった」などの回答があった。また、少数回答として「夏祭りごっこ」「片づけゲーム」「学校ごっこ」「テントでキャンプごっこ」など、遊びを創造して家族で楽しむ姿が浮かぶ回答もあった。III.ステイホーム期間中に頑張ったことや家族の良い変化についてIII-1.子どもがステイホーム中に頑張ったこと、米国は「お手伝い」、中国は「勉強」、日本は「規則正しい生活」。子どもがステイホーム中に頑張ったことについて尋ねた。米国は「家事などのお手伝い」(47.0%)と回答した人が最も多く、次いで「勉強をしっかりすること」(44.0%)、「できる限り家で過ごすこと」(41.0%)と続いた。中国は「勉強をしっかりすること」(62.0%)と回答した人が最も多く、次いで「手洗いなどの感染予防対策」(58.0%)、「一人でできることはすること」(55.0%)と続いた。日本は「規則正しい生活をすること」(54.5%)が最も多く、次いで「勉強をしっかりすること」(53.3%)、「手洗いなどの感染予防対策」(47.5%)と続いた。III-2. ステイホーム中の家族の良い変化として、各国の6割以上が「家族と過ごす時間が増えた」と回答。ステイホーム期間中に家族間であった良い変化について尋ねた。どの国も最も多かった回答は「家族と過ごす時間が増えた」(米国:71.0%、中国:68.0%、日本:60.8%)だった。また、全体の約4割が「家族で遊ぶ時間が増えた」(米国:51.0%、中国:50.0%、日本:34.3%)、「家族の会話が増えた」(米国:41.0%、中国:52.0%、日本:36.0%)と回答した。IV.子どもがコロナ収束後に家族とやりたいことについてIV-1.子どもがコロナ収束後家族とやりたいこと、米国・中国は「公園で遊ぶ」、日本は「旅行に行く」。各国の子どもに対して、新型コロナウイルスの流行が収束したら家族と一緒にやりたいことを尋ねた。米国は「公園などでいっぱい遊ぶこと」(67.0%)と回答した人が最も多く、次いで「旅行に行くこと」(56.0%)、「テーマパークに行くこと」(55.0%)だった。中国は「公園などでいっぱい遊ぶこと」(76.0%)が最も多く、次いで「テーマパークに行くこと」(74.0%)、「イベントに参加すること」(60.0%)だった。日本は「旅行に行くこと」「テーマパークに行くこと」(61.8%)が最も多く、次いで「公園などでいっぱい遊ぶこと」(48.8%)だった。【ご参考】クリスマスや年末には、家族や親せきとみんなで知育菓子(R)作って楽しもう!クラシエフーズは、子どもの豊かな創造力を育む商品として好評の知育菓子(R)シリーズより、人気のロングセラー「ねるねるねるね」や水と粉だけで本物そっくりなお菓子作り体験ができる「ポッピンクッキン」を発売しています。クリスマスや年末に家族や親せきと楽しみながら作ってみてはいかがでしょうか。DX(デラックス)ねるねる ブドウ味450円(税抜)「ねるねるねるね」シリーズから、4-5人で楽しめる大容量の「DXねるねる ブドウ味」が登場しました。4種類のトッピング(ハートトッピング、キャンディチップ、カラフルラムネ、すっぱいパウダー)のどれをトッピングするかは、QRコードを読み込んで遊べる「トッピングルーレット」で決められます。ポッピンクッキン スイーツパーティー250円(税抜)パティシエ気分で本物そっくりのスイーツが5種類作れる手作りお菓子です。粉と水で、ショートケーキ、プチケーキ、メロンゼリー、ベリータルト、フルーツタルトが本物そっくりの味で作れます。3種類のくだものゼリーとホイップクリームで、楽しくオリジナルのデコレーションを体験できます。ポッピンクッキン ドーナツ250円(税抜)ドーナツを作って、デコレーションが楽しめる手作りお菓子です。カスタード味とココア味のドーナツがそれぞれ2コ作ることができます。混ぜればミックスドーナツも作れます。バニラソース、イチゴソース、チョコソース、クランチ、カラフルなトッピングなどを使って、自由にかわいくデコレーションして楽しめます。ねるね研究室 https://www.kracie.co.jp/foods/okashi/nerune/Facebookねるね研究室 https://www.facebook.com/nerune.jpYouTube【公式】チャンネル ねるね研究室 https://www.youtube.com/user/nerunelaboKracieInstagram ねるね研究室 https://www.instagram.com/nerune_jp/企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ 著者:...

A.I.M.$(エイムズ)【ニュース】:本日正式サービス開始!リリース記念イベントも多数開催中!! |

A.I.M.$(エイムズ)【ニュース】:本日正式サービス開始!リリース記念イベントも多数開催中!! |

新作スマートフォン向け大規模対戦ゲーム『A.I.M.$』(エイムズ)について 51人の現金強奪バトル!ひとつのマップに51人のプレイヤーがバトルを展開しながら、4分間でより多くのお金を集めたプレイヤーが勝者となる、今までにない斬新なルールの対戦アクションゲームです。 『A.I.M.$』(エイムズ)に登場する各キャラクターの楽曲を担当するアーティストのコラボもお楽しみいただけます。『A.I.M.$』(エイムズ)の世界感に是非ご期待ください。 アーティストが多数参加 登場する個性的な10人のギャングたちのテーマソングを豪華アーティストが書き下ろし! 音楽監修 ギャングテーマ MAN WITH A MISSION SKY-HI Creepy Nuts ROTTENGRAFFTY Fear, and Loathing in Las...

薄型ノートでゲーミングを可能にするIntel Xe GPUまとめ 〜ゲーム認証プログラムが日本国内でも開始 – PC Watch

薄型ノートでゲーミングを可能にするIntel Xe GPUまとめ 〜ゲーム認証プログラムが日本国内でも開始 – PC Watch

Intelは第3四半期中にコーポレートロゴの変更を行なった  インテル株式会社は17日、オンラインでクライアント向け新製品に関する記者説明会を開催。このなかでTiger Lakeこと第11世代Coreに関する説明が行なわれたほか、そのCPUに内包している「Xe」アーキテクチャのGPUについても解説された。  Xeアーキテクチャの概要についてはすでにこれまでPC Watchで説明しているが、ここで改めて整理しておくことにしたい。 第11世代CoreとIris Xe MAXの投入EVOプラットフォームの投入そもそもなぜIntelがGPUを作るのか  IntelはこれまでもCPUに統合されるGPUについては継続的に開発してきたし、LarrabeeやXeon PhiといったGPUに近い感じのプロセッサを開発してきたが、コンシューマが使えるディスクリートGPUとしても利用できるアーキテクチャは、じつにIntel 740以来となる。  その根本にある考え方が、製品のデザインがトランジスタ主導のものからニーズ主導に、アーキテクチャがCPU主導のものからXPU主導のものに、そしてソリューションが単なるシリコンからシリコン+ソフトウェアに変化したことだ。つまり、多種多様なワークロードに対しスケーラブルに対応できるソフトウェアのニーズが生まれたからだ。  たとえばCPUが得意とする処理はもちろんあるが、GPUやFPGA、専用アクセラレータが得意とするワークロードも存在する。各々の処理に特化/最適化した半導体を提供して、効率よく処理してこそ、ソリューションを提供したことになるというのがIntelの考え方。そのうちの1つとしてGPUを用意する必要があり、それを実現するための切り札がXeというわけだ。 インテルが提供しているソリューションは多岐にわたる製品デザイン、アーキテクチャ、ソリューションの変化  もちろん、IntelはXeという半導体だけを提供しても無意味だと考えている。CPUとGPU、アクセラレータとFPGAが混在するシステム(つまりXPU)は効率よく処理をこなせるが、各々で動くコードが異なるのでは、開発者にとって負担になる。  そこで同社が提唱しているのが「oneAPI」。「Data Parallel C++」という言語で記述しておき、動作するターゲットのプロセッサの1行だけ書き換えれば、自動的にそのプロセッサ上で動作するバイナリにコンパイルされて実行でき、最適化が容易に行なえるというわけだ。 oneAPIの導入で、ヘテロジニアスに対応する  もっとも、これらはサーバーやデータセンター向けのスケールの大きい話で、一般消費者にはあまり関係がないように思うかもしれない。しかし昨今、コンシューマでもAIを使ったソフトウェアが多く登場してきており、そのためにIntelはAI処理に特化した命令セットや仕組みをCPUに取り入れている。...

【事前登録】戦国“美”将たちが舞う!カ・イ・カ・ンバトルアクションゲーム『戦国RENKA ズーム!』 [ファミ通App]

【事前登録】戦国“美”将たちが舞う!カ・イ・カ・ンバトルアクションゲーム『戦国RENKA ズーム!』 [ファミ通App]

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細戦国RENKA ズーム! 【事前登録一覧はこちら】Outstanding Cayenneより配信予定の新作スマホ向けアクションゲーム『戦国RENKA ズーム!』の事前登録受付が開始された。以下、プレスリリースを引用内田真礼、大西沙織、阿澄佳奈ほか、豪華声優陣が出演!戦国”美”将と共に、スッキリ爽快胸熱アクション!『戦国RENKA ズーム!』2020年9月サービス開始!事前登録キャンペーン本日よりスタートOutstanding Cayenne Co., Ltd.(本社:東京都渋谷区)は、iOS/Android向けスマートフォンアプリゲーム『戦国RENKA ズーム!』の特典付き事前登録キャンペーンを開始することを発表いたしました。なお、本作は2020年9月にサービス開始を予定しております。『戦国RENKA ズーム!』は、歴史上に名を馳せた戦国武将たちが「戦国”美”将」として生まれ変わり、軍師であるプレイヤーと共に、戦国の世を美しく闘い乱れ舞う、カ・イ・カ・ン胸熱バトルアクションゲームです。本作は、「ファンプレックス株式会社」の所有する「戦国アスカ ZERO」のキャラクター・世界観をもとに「So-Cayenne Co., Ltd.」が企画、開発を行い、「Outstanding Cayenne Co., Ltd.」が運営を行う完全新作の新規ゲームアプリです。本作には、合計40キャラ以上(※)の美麗な戦国”美”将を、内田真礼、山崎はるか、阿澄佳奈ら、豪華声優陣が熱演!お気に入りの戦国”美”将を引き連れて、爽快感溢れるプレイをお楽しみください!※年内アップデートのキャラクターも含みます。ゲームの特徴①われら全員、戦国”美”将!あの名将が、豪華声優陣とともに、美少女武将に生まれ変わRENKA!?かつて戦乱の世に名を馳せた戦国武将たちが、「戦国“美”将」として美少女武将化!40キャラ以上の戦国“美”将たちが、美麗な3D姿で無双バトルを繰り広げる!②キュートな戦国”美”将を集めて、ZOOMしちゃおう!図鑑モードでは、キュートな戦国”美”将にズームして、いろんな角度で美将を眺めよう!③私たちの秘めゴト、見てほしいの……カ・イ・カ・ン胸熱アクション!お気に入りの戦国”美”将を引き連れて、巧みに操り敵をなぎ倒せ!奥義ゲージを溜めて、秘奥義を繰り出せば、も~っと気持ちいい!戦略性もあって、ヤり応えタップリ!④オンライン上でマルチ対戦!最大6人のリアルタイム対戦が可能!お友達と一緒にバトルしよう!また、本作は2020年9月にサービス開始を予定し、本日8月25 日(火)より事前登録キャンペーンを開始!登録いただいた方全員に、「【SSR】竹中半兵衛(CV:種﨑敦美)」をプレゼント!ゲームをスタートして、チュートリアル完了後、プレゼントボックスから受け取ることができます!【事前登録キャンペーン期間】2020年8月25日(火)12:00 ~...

Page 2584 of 2947 1 2,583 2,584 2,585 2,947
  • Trending
  • Comments
  • Latest

Recommended