Bitsummit

Bitsummit

Hell Sports(ヘルスポーツ)のレビューと序盤攻略 – アプリゲット

Hell Sports(ヘルスポーツ)のレビューと序盤攻略 – アプリゲット

Eスポーツならぬ地獄のスポーツ。ヘルスポーツ。 トラップ・スキル・キリフダを使いこなし、地獄のテッペンを目指す。 「Hell Sports」は、地獄を舞台にした2対2の対戦アクションゲーム。 自チームの「ザイニン」が敵チームのゴールに到達したら得点をゲットできる、地獄のスポーツにチャレンジする。 トラップやスキルを駆使し、敵の妨害からザイニンを守り、ゴールを決めて勝利しよう。オンラインを含む4モードが用意されている。 2点先取で勝敗が決まる、3分間のスピーディな対戦アクション。 地獄らしからぬポップなキャラのストーリー。 スキルを駆使し、トラップを配置して対戦相手のザイニンやタンクを妨害しつつ、2点を先取したほうが勝ち。 プレイヤーはそれぞれにスキルが異なる10体のオニを操作可能。プレイを重ねると、「スキン」や「上位リーグ」が解放されていく。 「Hell Sports」の特徴は緊張感とスピード感あるバトル かわいい見た目だがよそ見する時間なし。 Switchでは有料配信されている、ポップなグラフィックのアクションがスマホでは無料で登場。操作性に少し慣れは必要だが問題なく遊べた。 対戦時間も短く、スピーディに決着がつくし、2vs2ということで自分の立ち回りの比重がデカイ。トラップ、アタック、スキル、どれも重要だ。 「クラロワ」系の対戦ゲームを、プレイヤーの操作スキルを要求されるアクション要素が強めに料理したゲームに感じた。 クロスプラットフォーム対戦に対応 序盤はまず全キャラのアンロックを目指せ。 10人のキャラクターの差別化もはかられ、なによりキャラがかわいい。合計6人のオンライン対戦にも対応。地獄といいながらホラー感はなし。 実は、自分の環境だと共闘や対戦、課金要素のアンロックもできなかったのたが、Switchとスマホ版のクロスプラットフォーム対戦に対応しているということなので、今後に期待したい。...

サブカルの祭典「Comic Con Russia」がオンラインで開催へ – Sputnik 日本

サブカルの祭典「Comic Con Russia」がオンラインで開催へ – Sputnik 日本

社会2020年10月03日 12:10(アップデート 2020年10月03日 16:00) 短縮 URLhttps://cdn1.img.jp.sputniknews.com/img/415/67/4156713_0:160:3072:1888_1200x675_80_0_0_87864a1b2b1989e73d40dfd01438339f.jpgSputnik 日本https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/i/logo.pngSputnikhttps://cdn1.img.jp.sputniknews.com/i/logo.pnghttps://jp.sputniknews.com/life/202010037822109/サブカルチャーのイベント「Comic Con Russia」が3日からオンライン形式で開催される。イベントのスペシャルゲストにはデイヴ・フランコやミラ・ジョヴォヴィッチ、カイル・マクラクランといったハリウッドスターが招待されている。イベント組織委員会の広報部がリアノーボスチ通信の取材に応じた中で明らかにした。2020年で7回目となるサブカルチャーのイベント「Comic Con Russia」と「イグロ・ミール」(ゲームワールドの意味)は新型コロナウイルスのパンデミックにより、開催スタジオから初めてオンライン形式で開催される。イベントの様子はロシアのSNS「フコンタクチェ」上で3日から4日にかけて生中継される。 Завтра в 18:20 презентуем комикс «МИР» на Comic Con...

ASCII.jp:GALLERIA(ガレリア)、GeForce RTX 2070 SUPER搭載ゲーミングPCを価格改定

ASCII.jp:GALLERIA(ガレリア)、GeForce RTX 2070 SUPER搭載ゲーミングPCを価格改定

全8機種で1万円値下げの新価格 2020年10月02日 16時00分更新 文● ASCII GALLERIA XA7C-R70S  サードウェーブは10月2日、ドスパラ各店舗およびドスパラ通販サイトにて、NVIDIAR GeForce RTX 2070 SUPER搭載のゲーミングPC全8機種の価格改定を実施した。  おすすめ製品という「GALLERIA XA7C-R70S」は、インテルCore i7-10700 CPUとNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERグラフィックカードを組み合わせたGALLERIAのデスクトップモデルで、新価格は17万5978円。本機種を含む8機種が1万円値下げの新価格となった。...

朗読劇がゲームになった!?「お願い叶えてパラドレストRPG」がPC向けにリリース|ゲーム情報サイト Gamer

朗読劇がゲームになった!?「お願い叶えてパラドレストRPG」がPC向けにリリース|ゲーム情報サイト Gamer

「お願い叶えてパラドレスト」とは、トレジャーハンターのマオが、天才博士・グレイと助手のロボ・アールと共に、どんなお願いも叶えてくれる無敵のお宝と噂される「パラドレスト」を目指していく冒険ファンタジー朗読劇だ。 本作は、そんな「お願い叶えてパラドレスト」の1年後を描くRPG。バトルはじっくり考えられるコマンド式で、現れるモンスターを倒して経験値を得て強くなり、アイテムを装備してキャラクターを強化していく王道RPGとなっている。 メインストーリーのほか、さまざまな場所で繰り広げられるトークやサブイベントも収録。隅から隅まで冒険してみよう。 また同作に登場したキャラクターに加えて、過去の「すーぱーかみしばい公演」で登場したキャラクターも数多くゲスト参戦するとのことだ。 グレイ マオ 「すーぱーかみしばい」略して「すーかみ」とは スクリーンのイラスト&映像とマイク前に立つ役者の芝居両方を楽しめるコンセプトで、本作「お願い叶えてパラドレスト」は、作中のスクリーンにゲーム的な画面要素を織り込み、生演奏や振り付け等で臨場感をプラスした新しい形の朗読劇。 沢山のお客様からご好評を頂いた本作を一度の公演で終わらせたく無いと考えた主宰が、何とか続編を形にしてお客様に届けたいと思い当企画が始動した。 RPGと言う形式を選んだのは、最近色々な形で発展を見せている朗読劇界隈において公演作品のRPG化と言う話はまだ聞いた事が無かった為、それならば「すーかみ」が新しい展開を見せようと思い立ったのが理由との事だ。 ゲーム購入は公式サイトで! 完全自主制作の為、ゲームソフトは「すーぱーかみしばい」の公式サイトで購入可能。現在公式サイトでは2020年内限定で、過去の公演動画を無料で視聴する事が出来る。もちろん「お願い叶えてパラドレスト」も見られるので、合わせてチェックして欲しい。また、2021年には5作品目の朗読劇「Take back story」を公演予定だ! 公式サイト https://superkami.thebase.in/items/34423541 商品概要 タイトル:「お願い叶えてパラドレストRPG」 ジャンル:RPG 対応機種:PC 価格:1,000円(税込) 配信開始日:2020年10月1日 プレイ人数:1人 販売ページ https://superkami.thebase.in/items/34423541 開発者情報:すーぱーかみしばい主宰 小林昂平...

「真のメディアの姿」いまだネット称賛続く地方局アナ、震災報道でキー局に怒鳴った理由語る | ORICON NEWS

「真のメディアの姿」いまだネット称賛続く地方局アナ、震災報道でキー局に怒鳴った理由語る | ORICON NEWS

 毎年春になると、ネット上で話題になるアナウンサーがいる。岩手朝日テレビの山田理さんだ。東日本大震災直後のニュースにて、津波の接近に気づかないテレビ朝日にデスクを叩き怒鳴りの声を上げ、中継がつながるとすぐに冷静に現場の情報を伝えた。その姿に、9年経った今も称賛の声が相次いでいる。今年も3月11日前後には、「これこそ真のメディアの姿」というつぶやきに14万近くのいいねがつき、「アナウンサーの鑑」「何度見ても鳥肌が立つ」「涙が出た」などのコメントが寄せられた。 改めて当時の様子から震災報道への想い、さらに様々な物議を醸している新型コロナウイルスの報道に対する意見などを山田さんに伺った。 放送中の記憶がなく、特番を見て怒鳴っている自分を見て「言葉を失った」  山田さんが画面を通して「なんでここでその状況を伝えているんですか!いま来てますよ、津波が!いま到達してるよ、テレビ朝日!!」と怒鳴ったシーン。震災直後のニュースでは放送されておらず、一連の様子はその年の4月のANN報道特番『つながろう!ニッポン』で報道の舞台裏として放送された。彼はその年のANNアナウンサー賞大賞を受賞したが、実は「怒鳴ったことは覚えていない」という。5年前に社内異動があり、現在は営業職の山田理(さとる)さんが、当時の様子を初めてロングインタビューで語ってくれた。――アナウンサーを目指したきっかけを教えてください。山田理元々はテレビ制作がしたくて総合職を目指していて、当時はアナウンス試験を受ける人は凄いなーなんて思っていました。青森の大学に通っていたので、最初は青森ケーブルテレビで制作をしていました。そこでディレクターの先輩に「山田は話すの上手いからリポーターやってくれないか」と声を掛けられ、アイスホッケーやママさんバレーの実況をやるようになったんです。そこから話す仕事に興味を持ち、地元のテレビ局のアナウンサーを受けることにしました。 『あまちゃん』で話題になった「南部ダイバー」を取材する山田さん ――やはり地元で働きたいという思いが強くあったのでしょうか。山田理そうですね。盛岡で生まれて18年間住んでいたので、いつかは何らかの形で地元に貢献したいという気持ちが大きかったです。あと、弊社のアナウンサーは地元出身者が少なかったので、盛岡出身の自分だからこそできることがあるのではないかと思い、入社しました。 ――2011年のANN報道特番では、山田さんが一刻も早くこの津波の状況を伝えなければいけないと心から叫ばれている姿が印象的でした。実際には放送されていない部分が特番で公開されることに対してはどのような思いがありましたか。山田理正直驚きました。実は、放送中の記憶があまりないんです。とにかく必死で。特番のVTRを見て、言葉を失いました。小さい地方局がキー局のテレビ朝日に何を文句言っているんだっていう話ですよね。「本当にすみませんでした」という思いでした。――それでも9年経った今でも、あの時の山田さんの対応が語り継がれています。特番放送当時の反響はいかがでしたか。山田理実は、放送直後はそんなに反響はなかったんです。当時は、「あれでよかったのか?」「あの放送をしたからといって命を救えたのか?」と悶々と考えたりしていました。後輩からネットでの反響を聞いても見ないようにしていて、あの部分だけ切り取られても決して褒められることではないという思いはすごくありましたね。 「誰もちゃんと想定ができていなかった」決してテレ朝の対応が悪かったわけではない ――改めて、震災直後に緊急ニュースが放送された当時の状況を教えていただけますか。山田理あの時、地震によって東北各地の情報カメラが停電で動かなくなったんです。唯一動いていたのが、岩手県宮古市のカメラだった。でも、あのような大地震が起きると、緊急特番になってローカル放送はできなくなる。岩手県内の皆さんに伝えたい情報があっても、こちらで放送内容をコントロールすることはできないんです。――そんな中、津波が宮古市沿岸に今まさに押し寄せている映像に覆いかぶさるように、津波到達予想時刻を知らせるテロップが乗っていたんですよね。山田理映像を見ていて、さきほど6メートルを観測した津波に次ぐ第2波だと気づきました。しかし、当然のことなのですが、その時テレビ朝日は情報収集のために各所と連絡をとっていて、電話もインカムも混線しており、それに気づいていなかった。思い返してみると、そんな中で、僕のマイクなら誰か聞いてくれているのでは!?と思って叫んだような気がします。 ...

RPG『Orangeblood』PS4/Switch/Xbox One版配信開始など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス | ガジェット通信 GetNews

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は3件です。 RPG『Orangeblood』PS4/Nintendo Switch/Xbox One版配信開始 PLAYISMは10月1日、Grayfax Software開発のRPG『Orangeblood』のPS4/Nintendo Switch/Xbox One版の配信を開始した。PC版は今年1月よりSteam等で配信中。 現実の歴史とは異なる過程を辿った20世紀末の沖縄近海に浮かぶ人工島「ニュー・コザ」を舞台とした作品。描き込まれたドット絵で表現される独特の世界観や、サイドビューの戦闘アニメーション、ランダムドロップの装備品を組み合わせるハクスラ要素、架空の90年代風のサウンドなどが特徴となっている(PC版の紹介記事)。 「片道勇者ノベライズ裏資料」動画連載完結 SmokingWOLF氏(SilverSecond)は、強制横スクロールRPG『片道勇者』のノベライズ版「片道勇者 滅びの闇と繰り返す英雄」の資料として書かれた「仲間同士の会話集」の動画版「片道勇者ノベライズ裏資料」の第8回を公開した。 会話集はノベライズにあたり、原作者であり監修を担うSmokingWOLF氏が、ゲーム内に存在しない仲間同士の会話がどのようなものになるかの見本として制作したもの。本動画は第8回で最終回となる。これまでの全動画をまとめたプレイリスト(YouTube / ニコニコ動画)も公開されている。 ノベルゲームエンジン「Light.vn」バージョン10.2.0公開 ノベルゲームエンジン「Light.vn(ライト・ヴィエン)」のバージョン10.2.0が公開された。 ビジュアルノベル系作品の制作に適したスクリプト型のゲームエンジン。専用エディターが用意されており、エディター上でのリアルタイムプレビュー機能が大きな特徴となっている(紹介記事)。 バージョン10.2.0ではエンジンの軽量化や、新たな演出要素の追加などが施された。 立ち絵素材集「ファンタジー向け私服」ダウンロード販売開始 水温25℃は、立ち絵素材集「ファンタジー向け私服」女の子編・男の子編のダウンロード販売をBOOTHおよびDLsiteにて開始した。DLsiteでは10月29日まで30%...

「ゲームギアミクロ ブルー」全収録タイトルレビュー –

「ゲームギアミクロ ブルー」全収録タイトルレビュー –

 セガより10月6日に発売となる「ゲームギアミクロ」の4種類の中で、「ブルー」は主にアクション要素の強いゲームを4タイトル収録している。「ソニック&テイルス」、「ガンスターヒーローズ」、「シルヴァンテイル」、「ばくばくアニマル」だ。セガロゴの色をイメージさせる本体カラーの青と、当時のゲームギアのラインナップを象徴するアクションを中心とした内容は、ある意味セガファン必携のバリエーションといっていいかもしれない。 「ゲームギアミクロ ブルー」のパッケージのサンプルと本体  このたびこの「ゲームギアミクロ ブルー」のレビューを担当することとなったわけだが、実は発売当時の筆者はゲームギアのユーザーではなかったのだ。あの頃は、セガハードの専門誌の編集部にアルバイトで在籍していて、そのタイミングでゲームギアを触る機会もあったわけだが、解像度が粗く映像がぼんやりとしていて、残像も目立ったあの液晶画面に馴染めず、セガファンを公言していたにも関わらず本体購入を見送ってしまった“非国民”であったことを、ここに告白しておきたい。  そんなゲームギアユーザーではなかった筆者が、改めてこのゲームギアミクロを触って驚かされたのは、その画面である。小さいことはもちろんなのだが、液晶画面のドットマトリクスが非常に細かく、目をこらして見てもドット同士の隙間目立たない。描画されたグラフィックスが、当時のゲーム情報誌で見たようなにじみのない画面に見え、残像もほとんどないのである。前述の通り、当時筆者がゲームギア購入を見送ったのは、液晶画面の粗さが理由であり、その部分に関してゲームギアミクロは完全に克服していて、同時にこの30年の液晶の大きな進化も感じられた。 写真ではなかなか伝わらないが、画面の美しさはピカイチで、残像も目立たない  1.15インチ、実寸で縦18mm×横23.5mmという画面サイズは、小さいというのは間違いなく、そういう意味で筆者も含め、ゲームギア世代の何割かが該当するであろう“老眼”のプレイヤーには、裸眼で見るのはちょっと厳しいかもしれない。ただ上記の通り液晶が綺麗なので、対策さえすれば、小さな文字も見えるのが嬉しい。このブルーに収録された「シルヴァンテイル」も、特典の「ビッグウィンドーミクロ」を使わずとも、メッセージはちゃんと読めたのでご安心を。 画面は500円玉で隠れてしまうほど手元にあったドリームキャストのビジュアルメモリとの比較。本体の大きさはほぼ同じだが、画面はゲームギアミクロのほうが小さい  さてこのブルーの収録タイトルだが、冒頭でも述べた通り、アクションゲームを中心とした4タイトルのラインナップとなる。 ゲームギアで独自に進化したソニックシリーズ「ソニック&テイルス」  「ソニック」シリーズでも、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のタイトルを冠したゲームギア版は「ブラック」に収録されていて、こちらは独自に作られたオリジナルのソニックシリーズである。上下左右にスクロールするステージを駆け抜け、リングを取りながらゴールを目指すというゲームシステムを継承しつつ、ステージ構成や一部のアイテムは本作オリジナルのものとなっている。メガドライブ版ほどのスピード感はないものの、ループや螺旋状の足場、スプリングなど伝統のギミックも健在で、さらにメガドライブで「ソニック・ザ・ヘッジホッグCD」が発売された1993年のタイトルであり、スピンダッシュなどのシステムを導入し、遊びやすくなっているのも大きなポイントだ。  また本作は、ゲームギアで初めてテイルスを使えるようになった。操作はソニックと同じだが、方向キー+上で「ヘリテイル」を使用し、一定時間飛行することが可能だ。画面外の空中にあるリングを探すなど、ステージの探索にも向いているが、テイルスはカオスエメラルドのあるスペシャルステージには行けないので、真のエンディングを迎えることができない。コンティニューが最初から3回できるという利点もあるので、彼でステージ探索してから、スペシャルステージにも行けるソニックで挑むというのが、ひとつの攻略手段になるかと思う。なおテイルスのヘリテイル操作に準拠し、ソニックにも立った状態でダッシュができる「ストライクダッシュ」が追加されている。  携帯ゲーム機準拠でデザインされたソニックなので、ゲームギアミクロでプレイするのも特別問題はなかった。ステートセーブやゾーンセレクト(タイトル画面で方向キーを↑↑↓↓と入力し、STARTボタンを押す ※ゲームギア版とは入力方法が異なる)を使えば、エンディングも夢ではないだろう。またサウンドテスト(タイトル画面で方向キーを↓↓↑↑と入力し、STARTボタンを押す ※こちらもゲームギア版とは入力方法が異なる)もあるのでそちらもお試しを。 ハードの限界に挑んだアクションを現代の技術で最適化「ガンスターヒーローズ」  メガドライブファンにはおなじみ、トレジャーが手がけた傑作アクション「ガンスターヒーローズ」のゲームギア版である。ゲームギア版の開発は当時からエムツーが担当していて、このゲームギアミクロではエムツー自らが移植を手がける形となった。  2つの武器を切り替えながら敵を倒して進んでいく体力制のアクションシューティングだが、投げやスライディング、ジャンプアタックなど、シチュエーションによって様々なアクションを行なえるのもポイントだ。戦略性の高いアクションや、派手なエフェクトと演出、そして多関節で動くボスキャラクターなど、総合的に高い完成度を見せ、硬派なメガドライブユーザーを喜ばせた。  そんなメガドライブ版をゲームギアに移植した本作は、ハード性能の差により、完全移植は叶わず、ハードに合わせたアレンジ移植版として1995年に発売された。1人プレイモード専用となって、2人のプレイヤーキャラのレッドとブルーのうち、後者は残念ながらデモ画面にしか登場していない。ステージ構成などにも変更はあるが、こちらは上手くアレンジを施していて、ボスもハードの機能をギリギリまで駆使して再現している。  さらにこのゲームギアミクロに収録された本作は、現代の技術によってちらつきを軽減した「完全版」とも言える内容となっている。これに関しては、ゲームギア版同等のちらつきがある表現に切り替える裏技(タイトル選択後の説明画面で方向キー↓を押しながら決定)もあるので、あえてそちらでプレイしてみるのもいいかもしれない。またイベントに出展された映像のみが展開するデモバージョンを見るモード(説明画面で方向キー↑を押しながら決定)もあり、これも必見だ。  アクションが豊富で、エフェクトなども派手なので、画面の情報量が多く、ゲームギアミクロでプレイすると少し見づらい印象も受けるが、ゲームはさすがの面白さで、ステートセーブなども駆使してぜひやり込んでほしいと思った。...

JR西日本グループが手掛ける新感覚ホテル「Potel」が京都にオープン!銭湯、カフェ、横丁が楽しめる | Web Magazine OPENERS

JR西日本グループが手掛ける新感覚ホテル「Potel」が京都にオープン!銭湯、カフェ、横丁が楽しめる | Web Magazine OPENERS

2020.10.02 2020年10月14日(水)、京都梅小路に『Umekoji Potel KYOTO』がオープンする。 「Hotel(ホテル)」ではなく、「Potel(ポテル)」。『Potel』の第1号店となる『Umekoji Potel KYOTO』は、梅小路公園に隣接した地上5階建てのホテル本棟と地上2階建ての別棟で構成され、公園の景観を活かした客室構成となっている。銭湯、カフェに加え、横丁や醗酵所までも設けられ、泊まる・食べるだけではない全く新しい滞在経験が味わえる場所となる。手掛けるのはJR西日本グループのJR西日本ホロニック。 ホテルそのものが、「価値ある出会いがある場所」であり、「時間を忘れさせてくれる場所」と感じることができる工夫を随所に凝らし、宿泊者はもちろん、地域住民も誰もが気軽に利用できるオープンなホテルを目指している。 はじめまして、ポテルです。「ホテル」じゃなくて「ポテル」です。 京都水族館の隣。梅小路公園沿いに新しく誕生した「ポテル」。 京都に訪れる旅人に、穏やかな滞在と好奇心を与え、まだ見ぬ新しい京都へいざなうホテルが誕生した。「Potel (ポテル)」は、物資や文化の出入り口を語源とする『Port』と『Hotel』の造語。 地域に根ざしながらも、国内外の方々の交流の玄関口となることを目指すとともに、「ホテル」に「°」を付けることで、様々なことが繋がっていく「ご円(縁)」を意識したネーミングとなっている。 【ポテルの特徴】 ● 本、レコード、ゲーム、そしてコーヒー。客室だけでは終わらないのが『ポテル』 ホテル本棟2〜5階には、吹き抜けの大きな窓がある共用スペースを設け、地元京都で愛される人気書店「誠光社」による本のセレクションコーナーやレコード、京都のボードゲーム制作会社「TANSAN」がセレクトしたボードゲームが楽しめる空間に。 京都のコーヒーといえば「TRAVELING COFFEE」の牧野さんが提供するポテルオリジナルブレンドのコーヒーも愉しめる。●ホテルの中に横丁と、麹をつくる梅小路醗酵所がある 旅先での出会い、それが旅行の醍醐味。旅人も町の人もぷらっと散策が楽しめる横丁がホテル内に誕生。お酒を取り扱うだけでなく、麹を使った醗酵食品やお酒の原料でもある麹をつくる“...

Page 1598 of 1758 1 1,597 1,598 1,599 1,758

Recommended