Bitsummit

Bitsummit

ゲームブック風RPG『いのちのつかいかた』開発中、12月体験版配信予定。ウサギ型獣人となり、自らの選択で物語を紡ぐ |

ゲームブック風RPG『いのちのつかいかた』開発中、12月体験版配信予定。ウサギ型獣人となり、自らの選択で物語を紡ぐ |

国内の個人デベロッパーだらねこ氏は、ゲームブック風RPG『いのちのつかいかた』を開発中であると発表した。情報番組「INDIE Live Expo Ⅱ」にて告知された。対応プラットフォームはPCのほか、PlayStation 4/Nintendo Switchでのリリースも検討しているという。12月末に体験版のリリースを予定している。また本作は現在パブリッシャーを募集しているとのこと。    『いのちのつかいかた』はゲームブック風に選択肢でストーリーが分岐していくマルチエンディングRPGだ。主人公は、ウサギ型獣人の青年ゴーシュ。現在公開されている画面では、ピンクの毛並みをもつケモノの少女と行動をともにしているほか、翼の生えた人型の女性と出会う場面もあるようだ。硬派さと可愛らしさが入り混じった画風の中で、多彩な種族が併存する世界が描かれるようだ。  本作には見下ろし型のマップを探索する画面と、マップで遭遇したイベントに対し選択肢をセレクトしていくテキストアドベンチャー風のパート、そして選んだ道によってはコマンド式の戦闘に突入するシーンもある。たとえばダンジョン内で敵に出会うと、正面から勝負をしかけるか背後から奇襲をしかけるかの選択肢が出現する。奇襲を選んだ場合はランダムで数値の判定があり、出た目によって成功/失敗の判定が決定。大失敗となった場合はダメージを負ってしまうこともあり、残り体力によってはそのまま死に至る可能性もある。自身のステータスを管理しながら、慎重に行動を選んでいく必要があるだろう。    ダメージ判定を切り抜けても戦闘が避けられないケースもある。バトルは王道のコマンドRPG形式で、剣技・魔法・特技といったスキルを使い分けて戦うことになる。また敵から攻撃を受ける際はメーターの表示が確認できる。詳細は不明だが、コマンド入力次第では敵のアタックを避けられるアクション要素もあるのかもしれない。また本作にはクラス(職業)の概念も存在しており、レベルアップで獲得できるポイントを消費することでクラスレベルを上昇。クラスを育成することでさまざまなスキルを習得することができるようだ。    本作の選択肢は「プレイヤーの意思をゲームに反映する」ことを念頭に設計しているという。だらねこ氏は本職でもゲームデザイナーを務めており、本作にはキャリアを通じて獲得した「面白さ」に対するこだわりが詰められているそうだ。『いのちのつかいかた』はPCにてリリース予定のほか、PlayStation 4/Nintendo Switchでの配信も検討されている。12月末には体験版の配信も予定しているとのことだ。  前の記事スローライフRPG『ピコンティア』Steamにて早期アクセス配信開始。箱庭で繰り広げられる自由生活次の記事人間観察パズル『ヒトノパズル』発表、Nintendo Switch/Steam向けに12月リリースへ。『moon』『ちびロボ!』制作者の西健一氏が手がける 生存力の低いのらくら雰囲気系ゲーマーです。熾烈なスコアアタックや撃ち合いを競う作品でも、そのキャラが今朝なに食ってきたかが気になります。 著者: " -- "

イケメン悪魔調教ゲーム「Obey Me!」の配信予定日は12月9日。カウントダウンキャンペーンもスタート

イケメン悪魔調教ゲーム「Obey Me!」の配信予定日は12月9日。カウントダウンキャンペーンもスタート

ニュース 2020/11/08 17:00  エヌ・ティ・ティ・ソルマーレは本日(2020年11月8日),スマホアプリ「Obey Me!」(iOS / Android)の配信を,12月9日に開始予定だと発表した。  これにあわせて公式Twitterでは,本日から30日間,毎日本作に関するコンテンツを順次公開する30日カウントダウンキャンペーンが実施される。本作は,個性豊かな7人の悪魔兄弟たちと出会い,彼らとのコミュニケーションを楽しむイケメン悪魔調教ゲームだ。事前登録も引き続き受け付けられているので,気になる人は登録しておこう。 関連記事  「乙女チック4Gamer」第272回は,エヌ・ティ・ティ・ソルマーレから2020年12月に配信される予定のスマホ向け「Obey Me!」を特集します。本作は,個性的な悪魔7兄弟を服従させる“イケメン悪魔調教モバイルゲーム”。クエストバトルのほか,悪魔達と触れ合えるさまざまなコンテンツが用意されています。 [2020/10/26 11:30] <以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています> 海外で大人気のShall we date?シリーズ『Obey Me!』12月9日に日本上陸予定❤リリースまで30日カウントダウンキャンペーンも開催! エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:朝日 利彰、以下NTTソルマーレ)は、モバイル(Android、iOS端末)向けに、女性向け恋愛ゲームの最新作『Obey Me!』日本版を、2020年12月9日(水)に配信開始を予定しております。...

サイバーパンク・パルクールACT『Ghostrunner』PS4/Nintendo Switch版が2021年1月28日に発売決定。一撃必殺の高速スタイリッシュアクション |

サイバーパンク・パルクールACT『Ghostrunner』PS4/Nintendo Switch版が2021年1月28日に発売決定。一撃必殺の高速スタイリッシュアクション |

パブリッシャーのH2 INTERACTIVEは11月7日、『Ghostrunner(ゴーストランナー)』のPlayStation 4/Nintendo Switch版を、2021年1月28日に国内発売すると発表した。価格は、パッケージ版が4950円、ダウンロード版が4500円(共に税込)。 本作は、デベロッパーのOne More Levelが手がけたサイバーパンク・パルクールアクションゲームだ。今年10月にPC/Xbox One版が先行して配信されている。   『Ghostrunner』の世界はとある大惨事によって荒廃し、アーキテクトと呼ばれる人物が人類の最後の避難所となる超巨大建造物ダーマ・タワーを建造。しかし、そこではキーマスターを名乗る人物による支配が進んでいた。プレイヤーは刀を武器にするゴーストランナーとなり、アーキテクトの声に導かれながら、キーマスターを倒すべくダーマ・タワーの頂上を目指す。 本作では、プレイヤーも敵も一撃で死に至るワンヒット・ワンキル制を採用。敵は銃で武装しているが、主人公には感覚ブーストと呼ばれる、一時的に時間をスローにできる能力がある。これを駆使して敵の銃弾をかいくぐり、ダッシュで一気に距離を詰めて斬撃を繰り出すのだ。また、ゲームを進める中では新たな能力を獲得できるほか、任意のスキルなどを強化できるカスタマイズシステムも用意されている。   ステージ内は、ウォールランなどのパルクールアクションを活用することを前提にした作りになっており、バトルにて確実に敵に接近するためにも多用する。そのため、アクション操作のわずかなミスが死に直結。本作では、何度も死にながら攻略ルートを見出すゲームプレイとなるだろう。 『Ghostrunner』のPS4/Nintendo Switch版は、2021年1月28日発売予定。PC/Xbox One版はすでに配信中だ。 前の記事村防衛ゲーム『ReverseDefenders』発表。瞑想すると強くなる棒人間を配置し、迫りくる敵を殲滅せよ次の記事『シルバー2425』Nintendo Switch版発表、2021年2月18日発売へ。初回特典は須田剛一氏×竹谷州史氏によるスペシャルコミック 国内外のゲームニュースを好物としています。購入するゲームとプレイできる時間のバランス感覚が悪く、積みゲーを崩しつつさらに積んでいく日々。 著者: " --...

「Xbox Series X|S」レビュー –

「Xbox Series X|S」レビュー –

Xbox Series X|Sの後方互換は、次元が違う  Xbox Series X|SとPS5が互いにアピールしているポイントの1つが後方互換への対応だ。新型ゲームコンソールにおいて、後方互換への対応は常に注目される。今あるソフトウェア資産が活かせるのか活かせないのか。これはまさにゲーマーにとって死活問題だからだ。 Xbox Series X|Sは、4世代掛けて最強の後方互換機能を実現した  古くは任天堂が、Wiiでゲームキューブの後方互換を実現し、まったく異質な新ハードへの移行を促進させ、記録的な大ヒットを生んだ。続くWii UもWiiの後方互換をサポートしたが、プラットフォームとしてはうまくいかず、現行のNintendo Switchは一切の後方互換を断ち切っている。  後方互換をもともとお家芸としていたのはプレイステーションだった。PS2でも、PS3でも後方互換を実現。ところがPS3は新型機以降から後方互換が不完全になり、初期型以降のPS4では、コストカットのために設計を変えた結果、PS2の後方互換が非対応となった。PS4では後方互換を一切サポートしないという決断が下されたが、批判が多かったためか、あるいはXbox Oneが後方互換をアピールし始めた影響からか、PS5ではPS4の後方互換をサポートしている。だが、あくまでPS4だけで、PS、PS2、PS3のタイトルは動かない。  Xboxはというと、Xbox 360時代からPS3に追いつけ追いこせとばかりに、後方互換機能に注力してきた。Microsoftはゲームビジネスは最後発ながらも、PC OSの担い手として、ゲーマーにとっての魂が、ゲーマーお気に入りのゲームの互換性と、そのセーブデータにあることを理解していた。  しかしその道程は苦難の連続で、PS3やWiiのように前世代と同じチップを搭載してそのまま実行するというハードウェア的な解決法ではなく、ソフトウェアの会社らしくエミュレーションで解決しようとした。Xbox Oneでは、2013年のローンチの時点では、後方互換を未サポートと見せかけつつ、翌2014年のE3でXbox 360、2017年には初代Xboxの後方互換を表明。いずれも1タイトルずつ、エンジニアが手付けで対応させる手間が必要で、毎月100タイトルずつ拡充という“人力”での対応だった。...

高難度人気ローグライクRPG『Stoneshard』日本語対応。愛された非公式翻訳が公式日本語として実装 |

高難度人気ローグライクRPG『Stoneshard』日本語対応。愛された非公式翻訳が公式日本語として実装 |

パブリッシャーHypeTrain Digitalは11月5日、『Stoneshard』を日本語に対応させたことを発表した。『Stoneshard』は現在Steamにて早期アクセス配信中のターン制RPG。販売/開発元はかねてから日本ユーザーにラブコールをおくっていたが、はれて公式な日本語が実装されている。 『Stoneshard』は、ターン制システムを採用するダンジョンRPG。プレイヤーは、過酷な中世の王国を舞台に、キャラバンを率いてモンスターの軍勢に立ち向かうこととなる。危険なダンジョンをめぐり、お宝を獲得するのだ。本作は自動生成ダンジョンやパーマデス、ターン制といったローグライク要素で構成されているほか、正気度なるパラメータが存在。正気が失われると病気を患うリスクが上昇したり、発狂したりとステータスに異常が生じる。ターン制の戦闘に、ケガや正気度の概念を加えることで、よりヒリついた探索が実現されている。 探索する場所はダンジョンに限られておらず、傭兵として各地を旅することも可能。アビリティとしては100種類以上、装備品は200種類以上が用意されている。装備を強化するために、トレハン生活に勤しむことも可能だ。酒場で言葉をかわし依頼を受けてもいいだろう。なお本作でセーブできるのは、基本的に睡眠時のみ。前述したように、死んでしまうとキャラクターが消滅するパーマデスシステムが採用されており、どんな時でも一瞬の油断が命とりになる。 『Stoneshard』は、配信前からハードコアRPGとして期待を集めており、Kickstarterキャンペーンは目標3万ドルに対して約10万ドルを獲得。今年2月より早期アクセス配信が開始され、すでに20万本以上を売り上げているという。尖りながらも魅力ある作品としてコミュニティからも愛されており、くらむ氏などを中心とした有志による非公式日本語化がなされており、こちらのローカライズの評価も高かった。ただ10月末にゲームのシステムの変更により、日本語化が適用できない状態となっていた。 このたびの公式日本語化は、前述したくらむ氏らによるものが採用されたようだ。つまり、有志訳が公式に採用されたかたち。しかしそのまま実装されたわけではないようで、公式化にあたっては一部の訳語を変更しているという。くらむ氏はプロ翻訳家になることを志望しているといい(Game*Spark)、志高い同氏のローカライズが公式にて楽しめるだろう。 #Stoneshard 大変お待たせいたしましたが、やっと日本語が実装されたようです(デベロッパからまだ連絡貰ってない)今バージョンから公式に翻訳を担当させていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。https://t.co/hzXb7amDPE— くらむ (@clamm0363) November 5, 2020 #Stoneshard #日本語化有志翻訳時代から一部の訳語を変更しています。最も大きく変わったのがFactionsですThe (Grand) Magistrate: 大判事派 → 首長連合The...

Access Accepted第666回:ついにゲームは新世代に突入。このタイミングで前世代を振り返る

Access Accepted第666回:ついにゲームは新世代に突入。このタイミングで前世代を振り返る

 いよいよPlayStation 5とXbox Series Xが市場に登場し,欧米で「第9世代」とも呼ばれる新たな世代の扉が開く。これから数年,イノベーションを続けるゲーム産業から生まれる,さまざまな体験やサービスが我々を待っているはずだが,この次世代コンシューマ機による新世界をより感慨深く実感するため,今週は,これまで「第8世代」で起きたさまざまな出来事を振り返ってみたい。いよいよ第9世代に突入するゲーム市場  2020年11月10日にはMicrosoftのXbox Series XとSeries Sが,そして11月12日にはソニー・インタラクティブエンタテインメントのPlayStation 5がローンチを果たし,次世代コンシューマ機の時代が到来する。ネイティブ4K/60fpsのグラフィックスや,大幅に延びた描画距離とリアルタイムレイトレーシングが描き出す広々とした世界,さらに,高価なハイエンドPCにしか装備されていないような高速SSDなど,一段とグレードアップしたゲームを満喫できそうなことには,多くのゲーマーがワクワクしているはずだ。 欧米ゲーム業界では次世代コンシューマ機を,据え置き型としては「第9世代」に区分している。ハードウェア的には,PlayStation 5とXbox Series X,いずれもAMDのカスタムCPU/GPUを搭載し,メモリにGDDR6を採用,HDMI 2.1をサポートした8K解像度と120fps,VRR(可変リフレッシュレート)に対応,といったあたりが新世代機の特徴になる。3Dオーディオやフォトグラメトリー技術の導入などによってゲーム体験は大きく変わり,サービス面ではサブスクリプションやクラウドゲームサービスもさらに進化していくはずであり,数年後にはゲーム業界の様相は激変しているかもしれない。 世代交代のたびに,どのプラットフォームが勝つのかという「コンシューマ機戦争」にスポットライトが当てられがちだ。ビジネス的な視点からは大切なのかもしれないが,個人的には,既存ハードを含めてすべてのプラットフォームが健闘し,切磋琢磨して面白いゲームを我々に届けてくれればそれでいいと思う  この世代はまた,これまでとは雰囲気の異なるローンチを果たすことでも将来,記憶されることだろう。依然として新型コロナウイルス感染拡大が続く欧米では,次世代機の店頭販売は一部の量販店に限られ,オンライン販売の比重が急激に高まっている。当然,カウントダウンなど店頭の催しも実施されない。さらに,ハードウェアの生産にもそれなりに影響を与えていると思われ,年内から年初にかけてどれほどの数の製品が出荷されることになるのか,多くの消費者が心配している。 また,これも新型コロナウイルスの影響なのかもしれないが,発売当日にリリースされるエクスクルーシブタイトルが少ないというのも特徴的だ。とはいえ,ローディング時間やグラフィックスが別物と呼べるほど大きく進化したPlayStation 5版「Demon's Souls」や,マルチプレイモードで4K/120fpsをサポートするXbox Series X版の「Gears 5」など,それぞれに特徴のある作品が用意されているし,もちろん,マルチプラットフォームタイトルなら,Activisionの「コール...

「ゲームオーバー」バイデン勝利でワシントンの黒人デモ聖地でもお祭り騒ぎ 【米国ルポ】 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

「ゲームオーバー」バイデン勝利でワシントンの黒人デモ聖地でもお祭り騒ぎ 【米国ルポ】 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

バイデン新大統領が誕生し、お祭り騒ぎのワシントン(撮影/シッラ・アレッチ) テレビ中継を見つめるワシントンの公園に集まった人々(撮影/シッラ・アレッチ) 一日中、パーティのような雰囲気のワシントン(撮影/シッラ・アレッチ)  ジョー・バイデン氏の勝利が確実となった11月8日(日本時間)、普段は静かなワシントンDCの住人たちの喜びが爆発した。 車のクラクション、昼間なのに花火の爆音、人々の騒ぎ声やベルなどが止まらず、町全体が幸福で溢れかえった。 勝利のニュースを耳にした大勢の人は自然に ホワイトハウスに向かい、「私は投票した」(I voted)や「私たちの票が数えられると民主主義は勝つ」(When we count democracy wins)というプラカードを持ちながら、歩き始めた。「民主主義はこのようなものだ」(This is what democracy looks like)を繰り返し唱えた人もいた。 集まった場所はホワイトハウスの手間にある交差点「ブラック・ライブズ・マター・プラザ」――。 今年6月、警察の暴力で死亡した黒人男性を追悼するデモ抗議に参加した人たちを警察が催涙ガスなどで排除し、一躍、有名になった場所だ。しかし、その交差点はいま、祝いの場所になった。 多くのアメリカ人は「Celebration」というチューンでダンスしたり、シャンパンで乾杯したりし、バイデン次期大統領、ハリス次期副大統領の誕生とトランプ氏の敗北を祝った。 子供連れでメリーランド州から来たバーンスタイン夫妻はこう言った。「これは歴史的な日だ。子供にも見て欲しくて、この日をこれからずっと覚えてほしいです」(夫人)「今日は大切な日だ。今度の大統領は信頼できる人で、事実を語ってくれる人であると確信している」(夫) ホワイトハウスの近くにあるマクファーソン広場でも大勢の人が集まり、星条旗を振っった。星条旗がプリントされたマスクやシャツを着た人も多くいた。みな、公園の真ん中にあった大画面でCNNの最新情報を食い入るように見ていた。 次のページバイデン次期大統領の演説に人々は… トップにもどる週刊朝日記事一覧 著者: " --...

【Xbox Series X/S】Xbox Game Passの魅力をおさらい。定額で100タイトル以上が遊び放題となる新ハード普及の切り札

【Xbox Series X/S】Xbox Game Passの魅力をおさらい。定額で100タイトル以上が遊び放題となる新ハード普及の切り札

Xbox Series X/Sのローンチに向けてサービスを拡充  2020年11月10日に発売されるマイクロソフトの次世代機、Xbox Series XとS。その普及の鍵を握るポイントのひとつになるのではないか……と目されているのがXbox Game Pass。言わずとしれた、定額でXboxプラットフォームのゲームが遊び放題になるサブスクリプションサービスだ。 広告 関連記事 【Xbox Game Passまとめ】リーズナブルな価格で150タイトルが遊び放題のサブスクリプションサービスの魅力を改めて紹介 ファン待望!のXboxのサブスクリプションサービスXbox Game Passの魅力を改めて紹介!  海外では2017年6月にスタートしたXbox Game Passは、順調にその利用者を増やし、現時点におけるワールドワイドでのユーザー数は1500万人を突破。国内ではいよいよという形で今年4月からサービスを開始している。当然のこと、Xbox Series...

Page 1598 of 1919 1 1,597 1,598 1,599 1,919
  • Trending
  • Comments
  • Latest

Recommended