Bitsummit

Bitsummit

MSI最新ゲーミングノート“GP66 Leopard 11U”がスゴい! 第11世代 Core i7×RTX 3080 Laptopの性能はどんなゲームもサクサク

MSI最新ゲーミングノート“GP66 Leopard 11U”がスゴい! 第11世代 Core i7×RTX 3080 Laptopの性能はどんなゲームもサクサク

 ゲーミングPCやグラフィックボードで有名なMSIから、フルHD15.6インチ液晶パネルを搭載したゲーミングノートパソコン“GP66 Leopard 11U(型番名 GP66-11UH-821JP)”が発売された。 広告  本稿では、編集部にて実機を用いて独自に計測したベンチマークテスト結果のほか、ゲームをプレイし確かめたその詳細やフィーリングをお伝えしよう。 目次閉じる開く 最強性能のゲーミングノート シンプルな見た目と剛性の高いボディー、必要最小限のインターフェースで構成 15.6インチの144Hz駆動フルHD液晶パネルとSteelSeriesゲーミングキーボードを搭載 本機の実力をベンチマークと実機プレイでチェック。ハイスコア連発! 『ファイナルファンタジーXV ベンチマーク』 『ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ ベンチマーク』 『3DMARK』 『CrystalDiskMark』 『フォートナイト』 『サイバーパンク2077』...

【2021年】中華タブレットおすすめ5選|低価格だけど高機能な端末を比較 | bitWave

【2021年】中華タブレットおすすめ5選|低価格だけど高機能な端末を比較 | bitWave

画像引用元:Lenovo Tab M10 | 10.1型 ファミリータブレット | レノボジャパン この記事では、中華タブレットの選び方やおすすめ機種について書かれています。 ※価格は全て税込表示で、記事執筆当時のものです。 スマホより大きな画面が使いやすいタブレット。その中でも、中華タブレットと呼ばれるタイプが注目されています。 中華タブレットとは何なのか、その魅力や選び方を徹底解説します。 記事の後半では、ライターが厳選した2021年最新版のおすすめ機種もご紹介します。 中華タブレットとは 中華タブレットは、中国や台湾など中華圏のメーカー製のタブレットを指す呼び方です。 性能が良い割に価格が低く、気軽に購入できるのが魅力です。 以前は、中華タブレットというと「安かろう悪かろう」というイメージがあったようです。 しかし、現在はその品質の良さも認められ、高コスパのタブレットとして全世界で注目を集めています。 中華タブレットとは 中華圏のメーカーのタブレット...

究極の脱出体験ゲーム《DYING:1983》が2021年9月28日予約開始!RTX技術が、ミステリーゲームにさらなる臨場感をもたらす|Game Source Entertainmentのプレスリリース

究極の脱出体験ゲーム《DYING:1983》が2021年9月28日予約開始!RTX技術が、ミステリーゲームにさらなる臨場感をもたらす|Game Source Entertainmentのプレスリリース

Game Source Entertainment(香港、以下 GSE)は、NEKCOM Entertainmentが開発した、PlayStation(R)5用、一人称探偵ミステリーゲーム《DYING:1983》の予約受付を2021年9月28日から開始し、2022年2月17日に発売致します。DYINGシリーズ最新作である本作は、PlayStation(R)5のパワフルな性能に合わせて、レイトレーシング技術の活用、4K画質への対応、Tempest 3D AudioTechのサウンド技術の活用、超高速SSD、DualSense(TM)ワイヤレスコントローラーのアダプティブトリガーやハプティックフィードバックなどの新機能が、プレイヤーに究極の密室脱出体験をもたらします。 また本作のパズルは、前作の3倍以上となっており、不気味でサスペンスフルな世界の中で、プレイヤーの度胸と適応力が問われることになります。DYING:1983-1 《DYING:1983》公式トレイラー: https://youtu.be/IF6hq5C3v98 ■深い闇に閉じ込められ、残酷な真実が明らかにDYING:1983-2DYING:1983-3 昭和58年(1983年)、 35歳の天才外科医・神木憲司のもとに一通の謎めいた招待状が届いた。 彼を惹きつけたのは、「驚くほどの高額な報酬」だけでなく、「人類の医学を変えるほどの画期的な研究に取り組んでいる」と記されていたことだった。 研究所の入り口は、廃工場の中に隠れていて、担当者から詳細を聞かないと、一般の人には見つけられない。 日差しが降り注ぐ研究所の中には誰もおらず、一見平穏に見える環境にも強い違和感が漂っている。 一体ここで何が起こっているんだ? 探索を進めていくと、チャイナドレスを着たセクシーでミステリアスなフィッシュヘッド女が突然現れ、奇妙な光景が次から次へと...。 ■究極の探索パズルDYING:1983-4DYING:1983-5DYING:1983-6 「DYING」シリーズの新作となる本作では、主人公の神木を操作して3Dシーンを探索し、命がけで見つけた手がかりをもとに次々と謎を解き、隠された真実を突き止めていきます。...

「グランツーリスモ7」パッケージ版の予約受付が本日より順次開始! –

「グランツーリスモ7」パッケージ版の予約受付が本日より順次開始! –

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、プレイステーション 5/プレイステーション 4用リアルドライビングシミュレーター「グランツーリスモ7」について、本日9月27日より全国のPlayStation取り扱い店、各種ECサイトにてパッケージ版「スタンダードエディション」及び「25周年アニバーサリーエディション」の予約購入受付を順次開始する。価格はスタンダードエディションのPS5版が8,690円(税込)、PS4版が7,590円(税込)。「25周年アニバーサリーエディション」が10,890円(税込)。本作の発売日は2022年3月4日。 【スタンダードエディション】PS5版PS4版【25周年アニバーサリーエディション】パッケージ版スタンダードエディションと25周年アニバーサリーエディション予約受付順次開始  パッケージ版「25周年アニバーサリーエディション」ではPS5用ゲーム本編(ディスク)、PS4用ゲーム本編(プロダクトコード)が入手でき、ゲーム内で使用できる「ゲーム内クレジット 100,000,000Cr」や、「トヨタ GR ヤリス 国・地域限定リバリー」を収録。また「30種類のメーカー&パートナーのPSNアバター」と「『グランツーリスモ7』サウンドトラック」(デジタルサウンドトラック)、スチールブックも含まれる。  パッケージ版「スタンダードエディション」、「25周年アニバーサリーエディション」のどちらにも早期購入限定で、本作の内容物としてさらに「10,000,000Cr」、「カーパック(3車種):MAZDA RXVISION GT3 CONCEPT Stealth Model、ポルシェ 917 LIVING LEGEND、トヨタ スープラGT500 (Castrol...

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』プレイレビュー。自分は炭治郎だったのかと錯覚するほど没入感がスゴイ! 禰豆子が目を覚ますシーンは思わず涙する破壊力 | ゲーム・エンタメ最新情報の

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』プレイレビュー。自分は炭治郎だったのかと錯覚するほど没入感がスゴイ! 禰豆子が目を覚ますシーンは思わず涙する破壊力 | ゲーム・エンタメ最新情報の

 2021年10月14日にプレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC(Steam)で発売を予定している『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』。一大ムーブメントを巻き起こした大人気漫画『鬼滅の刃』が原作のテレビアニメをモチーフにしたアクションアドベンチャー&対戦アクションゲームだ。  主人公・竈門炭治郎となり、アニメ『鬼滅の刃』で描かれた“竈門炭治郎 立志編”から劇場版“無限列車編”までのエピソードを追体験できるソロプレイモード“ヒノカミ血風譚”のほか、総勢18名から好きなキャラクターを選んで2対2の対戦を楽しめるなど、『鬼滅の刃』ワールドに心ゆくまでじっくりと浸れる内容となっている。  今回は、ひと足早くゲームの序盤をプレイさせていただく機会を得られたので、そのプレイレビューをお届けしよう。 『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』先行プレイ動画/Demon Slayer -Kimetsu no Yaiba- The Hinokami Chronicles 『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』(PS4)の購入はこちら (Amazon.co.jp)...

「乙女チック4Gamer」第314回:「フットサルボーイズ!!!!! ハイファイリーグ」を特集。選手たちの熱い青春を一緒に追いかけるアプリゲーム

「乙女チック4Gamer」第314回:「フットサルボーイズ!!!!! ハイファイリーグ」を特集。選手たちの熱い青春を一緒に追いかけるアプリゲーム

 女性向けゲームの情報を紹介する「乙女チック4Gamer」第314回は,バンダイナムコエンターテインメントから2021年内に配信予定のスマホアプリ「フットサルボーイズ!!!!! ハイファイリーグ」(iOS/Android)を特集します。  「フットサルボーイズ!!!!!」は,バンダイナムコアーツとバンダイナムコエンターテインメント,ディオメディアが送るアニメ×アプリゲーム×フットサル試合イベントによる新型メディアミックスプロジェクト。 アプリゲームである本作は,5つの学校「恒陽学園」「アーダルベルト学院」「桃実高校」「天ノ川学園」「皇花山学園」――それぞれの学校ストーリー(メインストーリー)が楽しめる“応援と絆が育む本気男子育成アプリ”です。 プレイヤーは,“ハイファイリーグ”のマネージャーとして,夢に向かってひた走る29人の選手たちを支えることになります。そして,あなただけのオリジナルチームを編成し,日本中の高校生が集まる高校フットサルリーグ「ハイファイリーグ」の頂点「High-Five Stars」を目指します。 さまざまな「練習」で育成した選手たちによる自分だけのチームで,リーグ戦に挑戦し,勝利を重ねることでクラスアップしていきます。試合後は選手とハイタッチして,勝利の喜びを分かち合うこともできます。 またプレイヤーは,試合中にマネージャーとして彼らの「応援」ができます。応援曲に合わせてメガホンを叩くことで,選手たちを応援でき,それに応える形で選手たちが決め技を発動してくれます。 物語は,学校ストーリー(メインストーリー)以外にも選手同士の絆や関係性を全406パターン楽しめる「クロスストーリー」や,カードのテーマに基づいたお話が楽しめる「選手ストーリー」が用意されており,ボリューム満点です。 現在,事前登録の受付が行われており,事前登録者の人数に応じて,さまざまなアイテムがプレゼントされます。 アプリゲームだけではなく,アニメの放送を始めさまざまな展開が予定されているプロジェクトに要注目です。 タイトル フットサルボーイズ!!!!! ハイファイリーグ ジャンル 応援と絆が育む本気男子育成アプリ 価格 基本プレイ無料(サービス内課金あり) リリース日 2021年予定 配信プラットフォーム App Store / Google Play 公式Twitter @futsal_boys...

ゲーミングPCサブスク「スグゲー」でプレイすべき「Xbox Game Pass Ultimate」おすすめゲーム5選

ゲーミングPCサブスク「スグゲー」でプレイすべき「Xbox Game Pass Ultimate」おすすめゲーム5選

提供(PR):レノボ・ジャパン  ハイエンドなPCゲームが気になる! だけど高価なゲーミングPCを買うには予算がたりない……そんなゲーム大好き人間なアタナにピッタリのサービスがレノボ・ジャパンの「スグゲー」だ。  「スグゲー」とは、レノボ・ジャパンが展開しているゲーマー向けPCのサブスクリプションサービスのこと。いわゆる"サブスク"だけに、月々に一定の金額を支払えば、すぐにゲームに適したPC&アクセサリー一式、ゲーム遊び放題サービスを手にすることができる手軽さがウリだ。  PCゲームを快適に遊ぶのに適したハイエンドなPC一式を購入しようとすると、最低でも20万円程度のまとまった金額が必要になる。その点「スグゲー」の場合は、月額5800円~という価格でPCでゲームを遊ぶ環境一式が手に入る。「それってレンタルでは?」と思われるかもしれないが、契約期間終了時にはPCの代金から支払い済みの残価を引いた金額を支払えば、買い取ることができるのがレンタルとは異なる点。ゲーミングPCの購入が自分のライフスタイルにマッチしているのかがわからない場合に、1年間、もしくは2年間の"お試し"ができるというありがたいサービスなのだ。  また、PCはハイエンドになるほどスペックのチープ化が早いので、期間を終えたあとに新たに契約をしなおして、その時点での最新PCを入手するというのも選択肢としてありそうだ。なお、各プランや金額の詳細は、公式サイトをチェックしていただきたい。 リンク:公式サイト  今回試用したのは、月額7300円(2年契約の場合)のゲーミングノートPC・スタンダードパッケージプラン。このプランで提供されるのは、16.0型ディスプレイを採用したノートPC<Legion 560Pro(16.0型)>だ。  CPUに、8コア16スレッドのAMD Ryzen™ 7 5800Hプロセッサー、GPUに、リアルタイムレイトレーシングやDLSSといった描画機能に対応したNVIDIA GeForce RTX3060を搭載というハイスペックを誇る。詳細は後述するが、最新ゲームでも高画質設定でのプレイが十分に可能な性能を持っている。 機種名 ...

Seagateから世界最速クラスのPCIe 4.0対応SSD「FireCuda 530」に4TBモデルが登場!書き込み性能は現役トップ!! –

Seagateから世界最速クラスのPCIe 4.0対応SSD「FireCuda 530」に4TBモデルが登場!書き込み性能は現役トップ!! –

FireCudaブランドの最上位SSD「FireCuda 530」シリーズ。記憶容量500GB、1TB、2TB、4TBの合計4モデル構成  老舗ストレージメーカー、Seagateが同社のPCI Express 4.0対応NVMe SSDとしては2世代目となる「FireCuda 530」シリーズを投入した。PCゲーミングや映像編集での利用を想定したハイパフォーマンスモデルで、現在のコンシューマ向けSSDの中において世界最速クラスのピーク性能を誇るだけでなく、クリエイターなどが扱う動画などの大きなデータを高速かつ快適に利用するための独自のとがったチューニングがなされている点が注目ポイントだ。さらに、2021年9月にNVMe SSDとしては最大容量クラスの4TBモデルが存在するのもポイント。今回はそのサンプルを入手することができた。ここでは、4TBモデルを中心に、性能や使い勝手を検証結果から詳細にレポートする。 現役世代最強クラスのスペックを実現  FireCuda 530シリーズは、500GB、1TB、2TB、4TBの4種類の記憶容量のモデルで展開される同社の第2世代PCI Express 4.0対応SSDである。第1世代のFireCuda 520シリーズと比較してさまざまな改良が施されており、搭載コントローラとNAND型フラッシュメモリはすべて最新のものへと一新。FireCuda 530では、Phison製の最新コントローラ「PS5018-E18」と最新世代の176層3D TLC NAND型フラッシュメモリを採用している。 500GB/1TBは片面実装で設計されているが、2/4TBモデルでは両面実装となっている。PS5への搭載など、ヒートシンクを利用するときは両面用のものを用意したい4TBモデルの基板。バッファメモリはDDR4 DRAM。容量は非公開だが、記憶容量の1,000分の1の容量、つまり500GBモデルなら512MB、1TBモデルなら1GB、2TBモデルなら2GB、4TBモデルなら4GBが一般的コントローラにはSeagateのオリジナル型番が印刷されているが、中身はTSMCの12nmプロセスで製造されたPhisonの8チャンネルのコントローラ「PS5018-E18」。arm Cortex...

Page 1 of 1648 1 2 1,648
  • Trending
  • Comments
  • Latest

Recommended